アボット、薬剤溶出ステントXIENCETMシリーズの【新世代製品】を発売

2020.11.09

アボットメディカルジャパン合同会社は、本日2020年11月9日、薬剤溶出ステント(Drug-Eluting Stent:DES)XIENCEシリーズの最新世代製品「XIENCE SkypointTM」を発売。

●XIENCETMシリーズ
XIENCEシリーズは、全世界で1,500万本以上の留置件数 を有する薬剤溶出ステントシリーズ。日本国内では初代製品の発売から10年以上の実臨床実績に支えられている。

●新世代製品「XIENCE TM
シリーズ第6世代の製品。
XIENCEシリーズの安全性と有効性は継承しつつ、最大拡張径を拡充し、
デリバリーシステムを改良することで、医師にさらなる治療オプションを提供する。
XIENCE Skypointでは、ステントの最大拡張径が5.75mmとシリーズ最大となる。
通常、心臓血管は血管の先にいくほど細くなり、長い病変では血管の手前と先端では血管の太さが異なるため、サイズの違うステントを複数使って治療しなければならないが、XIENCE Skypointでは大きくステントを拡張できるようになったことで、1本のステントで長い病変も治療できるようになり、それに伴う治療時間の短縮化による患者さんへの負担軽減にも貢献できることが期待される。また、ステントを疾患部位まで届けるシャフトの改良により、血管内の通過性を向上させ、より容易なステントの留置を実現する。

●薬剤溶出ステントXIENCE SkypointTM
これまでの有効性、安全性に加え、短いDAPT期間でも有用性を示したXIENCE
虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)において、薬剤溶出ステントは広く使われてきたが、なかでもXIENCEは、これまでに全世界で140を超える臨床試験(140,000名以上の臨床患者登録数)と10年以上にわたる実臨床実績でその有効性と安全性のデータが蓄積されてきた。
本邦においても、2010年の国内承認以来、120万人をこえる 日本の患者さんの治療で貢献してきた。また、ステント治療の大きな課題とされていたステント血栓症に対しても、XIENCEは日本で行われたSTOPDAPT-2試験において、1か月という短いDAPT期間(※)での有用性を示した。
STOPDAPT-2試験の結果は、2020年3月に日本循環器学会(JCS)より発表されたガイドラインのアップデート版にも掲載されている。

(※)ステント留置後は血栓症予防のために抗血小板2剤療法(DAPT)が必要とされているが、同時に出血のリスクもあるためDAPTを短縮した際のエビデンスの構築が必要とされてきた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
▼詳細はこちらから
https://www.e-radfan.com/wp-content/uploads/2020/11/cb9831407e90adb5d8995f74bdce0196.pdf



【お問い合わせ】
アボットジャパン合同会社 パブリックアフェアーズ
TEL: 03-4555-1002
FAX: 03-4555-1022
email: Public_affairs_japan@abbott.com

このページの先頭へ戻る