キヤノンメディカルシステム、新たな新型コロナウイルス検出装置を販売開始

2020.10.09

 キヤノンメディカルシステムズ㈱は、新型コロナウイルスRNA検出試薬Genelyzer KITと組み合わせて使用可能な等温増幅蛍光測定装置「Genelyzer F-MS(MS:Molecular Station)」の販売を、2020年10月12日より開始する。本装置は1台で同時に96検体の検出を行うことができるため、検査数の多い検疫所、地方衛生研究所、大手検査センターや、災害被災地の避難所、スポーツイベント会場でのオンサイト検査を実現する移動型検査車(モバイル・ラボ)など、より短時間に高感度な検査結果が求められるシーンでの活用が期待される。
 すでに販売中のGenelyzer FII 16検体(2ユニット)/FIII 8検体(1ユニット)は、新型コロナ対策の行政検査で使用可能であり、モバイル型で迅速な検査を実現することが評価され、離島対策などでも活用されている。一方、お客様からは「一度により多くの検査を実施できる装置」の要望も多く、そのニーズに応えてF-MS 96検体(12ユニット)をラインアップに加えた。
 キヤノンメディカルシステムズ㈱は、これまで、国立大学法人長崎大学の協力のもと「新型コロナウイルス迅速検査キット」の開発、普及研究に取り組んできた。Genelyzerシリーズの迅速、簡便な特長に加え、F-MSのハイスループット機能を活かして、実現が期待されるアスリート向け試合前検査、アーティストの公演直前の検査、空港・埠頭における乗便、乗船前検査など、新たな検査シーン、検査機会の創出、実現を目指している。今後もモノづくりを通じて、感染症対策の高度化、社会の安心・安全に貢献していく。
 
新製品の主な特長

Genelyzer F-MS外観

(1) 一度に多くの検査を迅速に実施可能 据置型で12ユニットを備え、一度に最大96検体の検査を実現。新型コロナウイルスRNA検出試薬Genelyzer KITの場合、1回の検査時間は20分なので、1台で1日(8時間)で約1500検体の処理が可能。
(2)最大12種類の細菌・ウイルスを検出可能 12ユニットがそれぞれ個別に制御可能なため、検体の数に応じて効率的な対応ができるだけでなく、例えば、類症疾病の原因を特定したい場合、複数の原因微生物(細菌・ウイルス等)を遺伝子で識別することがある。その際検査プロトコルが異なっていても、同時に検査することが可能。一度に最大12種類まで同時並行で検出するなど、これまでにない遺伝子検出法を実現する。

装置外形寸法︓635mm (L) X 434mm (W) X 153mm (H)
装置重量︓18kg

キヤノンメディカルシステムズについて
 キヤノンメディカルシステムズは、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や体外診断装置、ヘルスケアITソリューションを開発、製造し、世界150以上の国や地域に提供している。キヤノンメディカルシステムズの経営スローガンである「Made for Life」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ㈱ ホームページURL:https://jp.medical.canon/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る