バルコ、4K UHD解像度58インチ外科画像表示用ディスプレイMDSC-8358を発売

2018.05.24

外科用ディスプレイ

 バルコ㈱は外科用58インチ4KディスプレイMDSC-8258の後継、新型58インチ4KUHDスリムラインMDSC-8358を発売する。MDSC-8358は58インチ16:9アスペクトUHD解像度を持つオペ室、カテ室、血管造影室向けの外科画像表示用大型ディスプレイだ。専用設計なので、用途に要求されるあらゆる仕様をクリアしている。高精細でマルチモダリティーに対応し、レスポンスタイムの早いのが特長だ。また、手術室などでは様々な信号形態がありそれらに対応することが必要になるが、DVIからDPまで対応し、非圧縮IP変換画像伝送ソリューションNexxisにも接続可能だ。自動でバックアップビデオ信号に切り替わるフェイルオーバー機能、補助電源(オプション)による安心のオペレーションなど、先進のディスプレイ設計になっている。

■主な特長
早い応答速度、高精細高輝度によるトゥルーカラー表示
マルチモダリティー対応
オールラウンドな入力に対応
フェイルオーバー機能
補助電源オプション

■対象マーケット
ハイブリッドオペ室
インターベンションレントゲン室
血管造影室

■主な仕様
a-si TFT アクティブマトリックス(LCD)
バックライト LED
解像度 8MP 3840×2160
輝度 700cd ㎡
コントラスト比 4000:1
視野角 178°(水平/垂直)
応答速度 9.5ms
寸法 1326.5x778x153.7mm(前面ガラス装着時)
重量 45.5-57.5Kg(バージョンによって異なる)

■販売開始
2018年5月

●お問い合わせ
バルコ㈱ サージカルイメージング事業部
TEL:03-5762-8720
URL:www.barcohealthcare.jp

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る