インテュイティブサージカル社、日本においてダビンチサージカルシステムの最新モデル「ダビンチ Xサージカルシステム」5月より販売を開始

2018.04.06

 ロボット支援下低侵襲外科手術の分野で世界をリードするインテュイティブサージカル社(NASDAQ:ISRG 本社:米カリフォルニア州サニーベール)は、4月4日付で、日本においてダビンチサージカルシステムの最新モデル「ダビンチ Xサージカルシステム」(以下、「ダビンチ X」)の薬事承認を取得した。5月より販売を開始する予定だ。

(c) 2018 Intuitive Surgical, Inc.

 「ダビンチ X」の発売は、ロボットによる低侵襲外科手術を実現されたい様々なお客さまのニーズに対応する、十分に価値のある製品ポートフォリオを提供する、という同社のコミットメントの最新の取り組みである。
 同社のCEOゲイリー・グットハート(Gary Guthart)は、「弊社は20年以上にわたり、革新的なテクノロジー、成果に焦点を当てた製品、価値を満たすソリューションの開発と提供に尽力してきました。世界中の外科医、病院また医療に携わる皆さまから、手術支援ロボットによる治療を選択する際には、患者さまに十分な臨床、技術、費用の観点からの選択肢を提供することが重要だというご意見をいただいています。ダビンチ Xは、価格並びに弊社の革新的な技術の選択を求めておられるお客さまのニーズを満たす製品だと考えています」と述べている。
 ダビンチ Xは、前立腺悪性腫瘍手術、腎部分切除手術、子宮悪性腫瘍手術をはじめとする一定の術野範囲で行われる手術に使用可能。本システムはダビンチ Xiと同様に最新インストゥルメント、フレキシブルなポート配置や最新の3Dデジタル光学機能をご使用頂けるほか、音声およびレーザーガイダンスによるセットアップテクノロジー、手術準備を簡素化するドレープデザイン、軽量な完全一体型エンドスコープ等も同様に使用可能なため、運用の効率性向上にも貢献する。
 同社社長の滝沢一浩は、「日本における外科手術は、治療の成績と患者さまのQOL向上のために絶え間なく進歩を続けており、そのためにロボット支援手術を選択される先生や病院が増えてきています。新たに手術支援ロボットの導入を検討している病院もあれば、より多くの症例を、より多岐にわたる症例で検討されている病院もあります。ダビンチ Xは、病院や地域医療におけるさまざまなニーズに対応する選択肢のひとつとして、先生方や患者さまに貢献できると確信しています」と述べている。

展示のお知らせ
 「ダビンチ Xサージカルシステム」は4月5日(木)から4月7日(土)まで東京国際フォーラムで開催されている【第118回日本外科学会定期学術集会の展示会場】にてご覧いただくことが可能。

<開催概要:第118回日本外科学会定期学術集会>
日時:2018年4月5日(木)~4月7日(土)
場所:東京都千代田区丸の内三丁目5番1号
展示場所:東京国際フォーラム 展示会場 
展示日時:4月6日(金)8:00~17:30、4月7日(土)8:00~16:30

●お問い合せ
インテュイティブサージカル社
https://www.intuitivesurgical.com/jp/

このページの先頭へ戻る