フィリップス、HealthSuiteを活用したクラウド型の呼吸装置治療支援プログラム「ケア オーケストレーター」のサービスを開始

2018.01.15

 フィリップス・レスピロニクス合同会社(以下フィリップス)は、HealthSuiteを活用したクラウド型の呼吸装置治療支援プログラム「ケア オーケストレーター」を、2018年1月15日より日本国内にてサービス開始することを発表した。

 フィリップスでは健康・医療分野におけるデジタル化とモバイル化を推進しており、HealthSuiteはその基盤として構築されたヘルスケアに特化したデジタルプラットフォームだ。フィリップスはHealthSuiteを通じてヘルステック業界全体のイノベーションを加速させ、健康な生活、予防そして医療における多くの課題に対するソリューションを生み出すことを目指している。「ケア オーケストレーター」は、このHealthSuite上で稼働する国内初のソフトウェアであり、クラウドコンピューティング環境で稼働する呼吸装置治療支援プログラムとして、厚生労働省より薬事承認を受けている。

 「ケア オーケストレーター」は2016年に米国FDAの510(k)を取得し、米国内でのサービスをスタートした。米国では睡眠呼吸障害の治療に使用されるCPAP(シーパップ)に加え、在宅・院内で使用される人工呼吸器等の使用状況管理ソフトウェアとしても「ケア オーケストレーター」が使用されている。日本国内ではまずCPAPの治療支援を目的として「ケア オーケストレーター」のサービスを開始する。

 「ケア オーケストレーター」は、これまで様々なシステムに点在していた診療情報を統合管理し、診療ステップの省力化を図ることで、医療従事者の診療負荷軽減ならびに患者さんの待ち時間削減への寄与を目指している。また、従来のクラウド型システム「アンコールエニウェア」で医療従事者の皆様よりご好評をいただいていた機能を踏襲するとともに、HealthSuiteのメリットを活かして家庭と医療機関を『つなぐ』ことによりさらに効率的・効果的なサポート、また精度の高い医療情報の提供を通じて日本の在宅医療にさらなる貢献を目指していく。

 「ケア オーケストレーター」のシステム利用料はフィリップスより貸出される医療機器レンタル費用に含まれる。患者さんの治療機器から「ケア オーケストレーター」への接続にはこれまでお使いいただいていた通信機器が引き続き使用可能だ。通信機器のレンタル料金は月額1,400円(税抜)で、これまでと同様、全国の医療機関に対してレンタルを行う。

「ケア オーケストレーター」のコンセプトと特長

1.機器使用状況・治療データの自動転送
 「ケア オーケストレーター」は治療機器に専用の通信機器を組み合わせることで、毎日の機器使用状況および治療データが自動的にフィリップスのHealthSuiteに転送される。医療従事者はWebブラウザを使用して、治療データを必要に応じていつでも閲覧可能となる。
 また再診前に治療レポートの確認や印刷をあらかじめ行えるため、患者さんの待ち時間を削減するとともに医療従事者の診療負荷軽減に貢献する。

2.医療従事者へのアラート機能
 治療時間が短い、治療機器から得られるAHI*が高い等、HealthSuiteに転送されてきた治療データが設定された基準値になった場合には、「ケア オーケストレーター」は医療従事者の専用画面にその旨を表示する。これにより治療状況が不十分な患者さんへの早期介入と改善を促す。

3.患者さん情報の統合管理
診療に関する資料(検査結果等)をHealthSuiteに保存しておくことで、診療情報を統合して管理することができるようになり、より少ないステップで診療を進めることが可能となる。

*AHI (Apnea Hypopnea Index、無呼吸低呼吸指数)1時間あたりの無呼吸・低呼吸の回数を示す

●お問い合わせ
フィリップス・レスピロニクス合同会社 マーケティング部
TEL:03-3740-3245
URL:http://www.respironics.philips.co.jp/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る