GEヘルスケア・ジャパン、デジタル事業のチーフ・コマーシャル・オフィサーを任命

2017.09.19

 GEヘルスケア・ジャパン(株)は、2017年9月16日付で三井俊男(元IBMワトソン・ヘルスパートナーシップ担当ディレクター)が、新たにGEヘルスケア・デジタル事業本部チーフ・コマーシャル・オフィサーアジア(Vice President – Chief Commercial Officer Asia)に就任したことをお知らせする。
 三井はIBM社において、ボストン・ケンブリッジを拠点とするワトソン・ヘルスパートナーシップ担当ディレクターとして、主要なIT系企業や医療団体との戦略的パートナーシップの締結・展開を指揮し、同社の成功に貢献した。また、エンジニアリング、経営企画、ならびに技術提携など同社の各部門で様々な役職を歴任した。
 1990年にIBM社に入社した三井は、27年間にわたり同社における要職を歴任してきた。日本IBM社大和研究所エンジニアリング&テクノロジー・サービス事業アジア担当ディレクター(2002年)、IBM社テクノロジー&IP事業テクノロジーアライアンス担当ディレクター(2006年)、日本IBM社東京ラボラトリー先進ソリューション・ラボラトリー担当ディレクター(2011年)、IBM社リサーチ部門ビジネス開発担当ディレクター(2013年)を経て、2015年にIBM社ワトソン・ヘルス事業パートナーシップ担当ディレクターに就任した。
 三井は、チーフ・コマーシャル・オフィサーアジアとして、GEヘルスケアが提供する技術及びデジタル・ソリューションの展開を統括し、デジタル・インダストリアル・カンパニーとして日本を含むアジア市場におけるGEのデジタルビジネス拡大の責務を担っていく。

三井俊男

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部 関口良幸
TEL: 0120-202-021
URL: http://www3.gehealthcare.co.jp/

このページの先頭へ戻る