東陽テクニカ、MEDTEC Japan 2017に初出展 ~医療機器向け無線認証関連サービスを紹介~

2017.04.04

 株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝、以下 東陽テクニカ)は、医療機器の設計・製造に関するアジア最大級の展示会「MEDTEC Japan 2017」(会期:2017年4月19日(水)~21日(金)、会場:東京ビッグサイト)に出展する(ブース番号:東4ホール305)。
 東陽テクニカブースでは、無線通信機能を搭載した医療機器に必須の無線認証を取得するための「無線認証関連サービス」を紹介する。今回は、医療機器分野の認証サービスで実績を持つDEKRAサーティフィケーション・ジャパン株式会社と共同出展し、医療機器に必要な「無線認証関連サービス」と「医療機器認証サービス」をワンストップでご提案する。また、東陽テクニカが運営する無線通信端末認証試験ラボ設備の一部を展示し、最先端の無線規格のデモンストレーションを実施する。

<東陽テクニカ/DEKRAブースイメージ(ブース番号:東4ホール305)>

 東陽テクニカは、無線通信端末認証ラボ試験サービス、型式認証Webデータベース、型式認証取得代行サービスなどの「無線認証関連サービス」を紹介するとともに、「東陽テクニカ/DEKRA日本ラボ」の一部設備を展示し、医療機器に今後搭載される可能性のある最先端の無線規格のデモンストレーションを実施する。東陽テクニカ/DEKRA日本ラボは、デモンストレーションする無線規格全てにおいて公式ラボ認定を受けている日本で唯一のラボである※1。
 また、無線技術の普及に伴ってWi-FiやBluetoothなどの無線通信を利用し、診断データや計測データのやりとりを行う医療機器が増加していますが、無線技術および医療機器に対する法規制は複雑であり認証を取得するには専門的な知識が必要である。東陽テクニカ/DEKRAブースでは、無線認証および医療機器認証に関する無料相談会を同時開催し、各種認証のエキスパートが疑問にお答えする。参加者には、無線認証と医療機器認証について要点をまとめたセミナーテキスト「そこが知りたい!医療×無線通信の認証試験」(2016年11月東陽テクニカ主催)を部数限定で提供する。
※1: 2017年4月4日現在。東陽テクニカ調べ。

【東陽テクニカ展示ブース】
<主な紹介サービス>
●世界200以上の国と地域に対する型式認証取得代行サービス
●型式認証の最新情報を提供する、型式認証WEBデータベース「TACS4」
●業界団体のロゴ認証試験
Wi-Fi Alliance、Bluetooth SIG、Continua Allianceなど

<デモンストレーションの無線規格>
●LoRa Alliance
低電力長距離通信向けIoT規格
●Open Connectivity Foundation(旧AllSeen Alliance)
建物内向けIoT規格
●AirFuel Alliance(旧PMA Alliance)
ワイヤレス給電規格

【東陽テクニカ/DEKRAブース概要】
●出展期間: 2017年4月19日(水)~21日(金)10:00~17:00
●場所: 東京ビッグサイト 東4ホール305
●主催者公式サイト:MEDTEC Japan 2017
●URL: http://www.medtecjapan.com/

【DEKRA Certification GmbHについて】

DEKRA Certification社(本社:ドイツ ストゥットガルト)は世界有数の試験ラボネットワークを持つ医療・自動車・防爆分野の大手試験ラボである。2015年には旧AT4 wireless社を傘下に入れ、無線通信技術を搭載したデバイスに対する認証サービスの提供を開始した。提供するサービスは、型式認証、Wi-FiやBluetoothなどの業界ロゴ認証、セルラー(2G/3G/LTE)搭載デバイスのオペレーター受入試験など多岐に亘る。無線試験ラボはスペイン・米国・台湾・チリにあり、日本では東陽テクニカと、東京・日本橋の東陽テクニカ・テクノロジーインターフェースセンター内で共同運営している。
URL:http://www.dekra.com/

●お問い合わせ
株式会社 東陽テクニカセキュリティ&ラボカンパニー ラボサービス ビジネスユニット 鈴木紹史
TEL:03-3245-1245(直通)
E-MAIL:wireless_lab@toyo.co.jp
URL:http://www.toyo.co.jp/

無線認証関連サービス紹介サイト:
URL:http://www.toyo.co.jp/ict/products/list/contents_type=1581

このページの先頭へ戻る