GEヘルスケア・ジャパン、
高齢患者のための低侵襲な手術をサポートする 四肢専用外科用X線撮影装置「OEC Elite MiniView」を新発売

2016.09.01

~高齢化に伴い増加する四肢骨折に対し、患者QOLの向上をサポート~
 GEヘルスケア・ジャパン(株)は、低侵襲な手術をサポートする四肢専用外科用X線撮影装置「OEC Elite MiniView」(オーイーシーエリートミニビュー)を9月1日(木)より販売開始する。主に手術室で用いられる外科用X線撮影装置は、全身の骨折などに対する治療において活用されているが、この度発売されるOEC Elite MiniViewは、特に四肢の手術治療にその機能を特化することで、手術の治療成績の一層の向上、ひいては患者さんのQOL向上への寄与を目指している。
 人口の高齢化に伴い、転倒などによる四肢の骨折は年々増加傾向にある。患者さんの術後のQOLを高めるためには、より低侵襲な手術と共に、術者の整形外科医にとっては手術精度を高められる装置が求められている。OEC Elite MiniViewは、術者自らによる簡単なCアーム操作を可能にするSmartLock機能を搭載することで、無駄な機器の移動の必要がなくなり手術時間の低減ができるため、患者さんへの負担が軽減される。また、術野のライブ画像とレファレンス画像を同時かつ高精彩に表示できる大型モニター2つを国内では初めて採用することで、手術精度の向上をサポートし、ひいては患者QOLにも寄与することが期待される。
 さらに、本製品は、国内53か所に配置したサービスステーションに常駐するエンジニアによる手厚いサポート体制を提供し、増加する手術件数に備え、装置の安定的稼働をサポートする。

■ OEC Elite MiniViewの製品特長
手術時間の短縮を可能にするSmartLock – 四肢専用機では国内初
 ワンタッチでCアームを集中的にロック・リリースできるSmartLock機能により、術者自らが必要なタイミングでCアームだけを自由に移動することが可能。他の医療スタッフが術中に装置を本体ごと頻繁に動かす必要もなくなる。これにより、手術時間の短縮および手術に関わるリソース削減を実現できる。

大型2画面モニター – 四肢専用機では国内初搭載
 術野のライブ画像とレファレンス画像を同時に提供する19インチの高輝度モノクロLCDを採用。四肢専用機では初の2モニター搭載で、これにより、手術精度と患者QOLの向上が期待される。

安心のサービス体制 – 機器の稼働率向上をサポート
 全国53か所に配置したサービスステーションとそこに常駐する経験豊富なエンジニア、および世界の各拠点とリンクした部品供給網で、迅速な修理対応を実現している。

■ 製品概要
製品名:OEC Elite MiniView
薬事認証名称:OEC Elite MiniViewシリーズ
発売日:2016年7月22日(金)
医療機器認証番号:228ACBZX00006000

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株) コミュニケーション本部
TEL:0120-202-021
URL:http://www3.gehealthcare.co.jp/

このページの先頭へ戻る