GEヘルスケア・ジャパンとアルケア社、整形外科開業医向けの超音波診断装置「Venue 50 Musculoskeletal」の販売で協業を開始

2016.06.16
~整形外科領域における超音波診断の普及を目指す~

 医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GE ヘルスケア・ジャパン株式会は、整形外科開業医への超音波診断普及を目的とした小型携帯超音波診断装置「Venue 50 シリーズ」の新機種として、超音波診断装置「Venue 50 Musculoskeletal(べニュー 50マスキュロスケレタル)」を7月1日(金)に発売する。また、GE ヘルスケア・ジャパンは整形外科領域における超音波診断装置の普及を目的に、医療福祉技術開発型企業のアルケア株式会社と「Venue 50 Musculoskeletal」の販売に関する業務提携を締結しており、これに基づき7月1日より、アルケア社が日本国内における本製品のすべての販売を開始する。

 超音波診断装置は近年のテクノロジー向上により、他の医療画像装置と比較して空間分解能が向上し、肩関節腱板や手指の腱鞘など、特に整形外科領域での診断に有効な画像をその場で得ることができるようになってきた。そのため外来での超音波による診断が可能となり、患者さんの在院時間の短縮につながっているほか、患者さんの体に負荷がかからない無侵襲で画像情報を取得することができるという機器の特性から、超音波診断装置の活用フィールドは拡大している。さらに、超音波ガイド下のインターベンションは、医師のより正確な部位への薬液注入をサポートする。このように超音波画像診断装置活用への期待は高まっているが、超音波診断の技術習得等に時間がかかることもあり、整形外科クリニックにおける超音波診断装置普及率は 30%台*1 と低いのが現状である。GE へルスケア・ジャパンは、整形外科医向けの超音波診断装置「Venue 50 Musculoskeletal」の発売にあわせ、業界アクセスに強いアルケア社との協業を開始し、整形外科領域における超音波診断装置の普及向上を目指していく。

*1: 同社調べ

 このたび発売する「Venue 50 Musculoskeletal」は、整形外科医の迅速な診断や、超音波ガイド下インターベンションの手技をサポートする機能を搭載した整形外科医向けの超音波診断装置である。フルタッチパネルの採用により、超音波装置初心者やライトユーザーでも直感的な操作が可能となり、また「Needle Recognition 機能」や「eSmart Trainer Japan edition 機能」の搭載により正確なスキャンをサポートする。
加えて、一般的には1分以上かかる装置の起動時間を16秒と短縮したことで、医師のスピーディーな診断をサポートし、患者さんの待ち時間短縮につながる。
GE ヘルスケア・ジャパンは、「Venue 50 Musculoskeletal」の発売を通して整形外科領域における超音波診断の普及、そして、「患者さんにも検者にもやさしい」医療の現場に貢献することを目指していく。

Venue 50 Musculoskeletal

■「Venue 50 Musculoskeletal」の製品特長

タッチパネルで初心者の操作も容易に
・超音波初心者、ライトユーザもタッチパネルにて直観的操作が可能

素早い 装置起動時間
・起動時間 は約16秒。医師の迅速な診断をサポート
医師の医師の的確な手技、スキャンをサポートする機能を搭載
・インターベンション時の穿刺針のクリアな描出、安全な穿刺手技をサポートする「Needle Recognition 機能」を搭載
・超音波画像スキャン時のプローブ走査例を面上で示すなど、「eSmart Trainer Japan edition 機能 」が正確なスキャンをサポート

■製品概要

製品名 : Venue 50 Musculoskeletal

薬事認証名称 : 汎用超音波画像診断装置 Venue 40

*Venue 50 Musculoskeletal は、上記医療機器の類型 Venue 50 に Musculoskeletal パッケージを加えたものです。

発売日 : 2016年7月1日(金)

医療機器認証番号: 221ABBZX00092000 号

●お問い合わせ先
GE ヘルスケア・ジャパン(株) コミュニケーション本部 ブランチャード美津子
Tel: 0120-202-021
http://www3.gehealthcare.co.jp/

このページの先頭へ戻る