PSP、胸部X線骨組織透過/経時差分クラウドサービス「CirA-S BS」を開始

2016.02.15

PSP(株)(以下PSP)は、(株)東陽テク二カ(以下東陽テクニカ)と提携し、胸部X線骨組織透過/経時差分クラウドサービス「CirA-S BS」を開始する(2016年春予定)。本サービスは、元データとなる胸部X線画像を専用端末に取り込み、クラウド上の画像処理システムにインターネット回線経由でアップロード、各種処理が完了した画像をダウンロードできるサービスとなる。

 本サービスで行われる骨組織透過処理とは、胸部X線画像から肋骨・鎖骨等の骨組織を透過させる画像処理で、これにより、骨組織と重なり検出が困難であった肺結節や異常陰影等の視認性を向上させる。また、経時差分処理とは、骨組織を透過させた前回検査画像と、同じく骨組織を透過させた今回検査画像の差分を抽出することで、経時的な変化があった部分を強調表示する画像を生成するものである。
 東陽テクニカが国内で販売する胸部X線骨組織透過ソリューション「ClearRead BS」および胸部X線経時差分ソリューション「ClearRead +Compare」は、従来画像処理ソフトウェアを組み込んだサーバーを医療機関内に設置するタイプのみ販売されていたが、今回PSPは遠隔読影や地域医療連携のシステムで培ってきた医用画像・通信技術をいかし、骨組織透過処理および経時差分処理の2つの画像処理をクラウド上で利用できるサービスを展開することとなった。本サービスは利用件数に応じた料金体系である、専門的で高度な画像処理を手軽に利用できる。気になる検査のみ画像処理させたい、サーバー組み込みタイプを検討したいという医療機関も少ない件数から利用できる。

 

■サービス名
胸部X線骨組織透過/経時差分クラウドサービス「CirA-S BS」

■発売予定時期
2016年春

■料金体系
月額制
基本料金+利用料金(画像処理1件あたり数百円を想定)

■サービスの特長
1. 高度な画像処理を手軽に
画像処理部分では、東陽テクニカが国内で販売する胸部X線骨組織透過ソリューション「ClearRead BS」、胸部X線経時差分ソリューション「ClearRead +Compare」と連携する。肺野の視認性を向上させることで、放射線科専門の医師がいない医療機関での画像診断を支援する。
2. セキュリティへの配慮
電子カルテ等、院内の既存システムとは切り離して使える、専用端末を貸し出している。また元データとなる胸部X線画像は、個人情報を匿名化し、さらに暗号化した状態で画像処理システムへアップロードする。
3. 院内環境はそのままに
本サービスには専用端末を使用するので、院内環境には手を加えない。
完成した処理画像はDICOM形式で出力されるので、院内の既設画像管理システム(PACS)等に取り込むことも可能である。
4. 始めやすい料金設定
クラウドサービスなので、サーバーやソフトウェアの購入といった初期投資を抑えられる。
課金体系は処理依頼1件単位での設定につき、少ない件数から安心して利用できる。

●お問い合わせ
PSP(株)
販売企画部パブリックリレーションズ課
TEL:03-5485-1028
FAX:03-5485-2479
URL:http://www.psp.co.jp

このページの先頭へ戻る