日立製作所、米国セント・ジュード小児研究病院にて陽子線がん治療システムの稼働開始~世界初の小児専用の陽子線がん治療施設~

2015.12.15

 (株)日立製作所(以下、日立)が陽子線がん治療システムを納めた小児の難病治療・研究において世界トップクラスのセント・ジュード小児研究病院(St. Jude Children’s Research Hospital)が、12月14日に治療施設「The St. Jude Red Frog Events Proton Therapy Center」をオープンした。これは、小児専用の陽子線がん治療システムとしては、世界で初めての稼働となる。
 日立の同システムは、190度回転ガントリを採用することで、広い治療室空間を確保しており、治療の直前まで家族が小児患者に付き添うことができる。また、日立が2007年12月に陽子線がん治療システムとしては世界で初めて米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の販売認可を取得したスポットスキャニング照射技術を全室に採用している。

 セント・ジュード小児研究病院のCEOであるDr. James R. Downingは、「この陽子線治療施設のオープンは、子どもたちへ後遺症を緩和する効率的な治療を提供するための重要な一歩です。陽子線がん治療システムのプロジェクトを無事に稼働まで導いてくれた関係者、日立のエンジニア、病院スタッフの、難病に苦しむ子どもたちを救いたいという強い気持ちのおかげだと思います。」と述べている。

 日立の執行役常務 ヘルスケア社社長の渡部眞也氏は、「陽子線がん治療の中でも有効な治療対象として注目されている小児がんを専門的に取り扱うセント・ジュード小児研究病院の施設が稼働したことは、多くの人々が待ち望んだものだと思います。そのような施設のオープンという素晴らしい瞬間をお祝いでき、大変光栄です。」と述べている。

 陽子線がん治療は、放射線によるがん治療法のひとつであり、水素の原子核である陽子を加速器で光速の70%まで加速させて、がん細胞に集中して照射することでがんを治療するものです。従来のX線治療に比べて、健全な細胞への影響が少ないため、後遺症の軽減などの点で特に小児がん治療への適用に効果が高いと言われている。
 同システムで用いるスポットスキャニング照射技術は、均一なエネルギーの陽子ビームを高い精度で制御して照射する技術です。従来の方式と比べて、複雑な形状のがんにも高精度に陽子線を照射でき、また、不要な放射線の発生が少ないなどの特徴がある。

●お問い合わせ先
株式会社日立製作所 ヘルスケア社 放射線治療システム事業部
〒101-0021 東京都千代田区外神田四丁目14番1号
電話 : 03-4564-3565 (直通)
URL:http://www.hitachi.co.jp/products/healthcare/index.html

このページの先頭へ戻る