GEヘルスケア・ジャパン、超音波検査技師サポートメールマガジン「Sono-Co」 ソノグラファーのためのお役立ち情報を提供開始

2015.08.11
GEヘルスケア・ジャパン(株)は、超音波検査を行うソノグラファー(臨床超音波技師)向けのメールマガジン「Sono-Co(ソノコ)」を本年6月18日に創刊したと発表した。

団塊の世代が75歳以上となり医療サービスの提供の形が変わる、いわゆる「2025年問題」を前に、検査精度の向上と診断の効率化に貢献する超音波検査の重要性への関心が高まっており、超音波検査は、病変や心機能検査などをリアルタイムで画像化することを可能とし、近年では、腹部臓器や心臓の検査のみならず、妊婦検査、頚動脈による高血圧の度合いの測定、五十肩やリウマチの診断、また整形外科領域及び在宅診療における往診時のプライマリケアの一環として、活用の幅が広がっている。日本には51,759人*1の臨床検査技師がおり、臨床現場における位置づけが重要になっていく背景にあるが、日々の検査業務で多忙なソノグラファーの方々に向けた情報提供は十分にできてないのが現状だという。また、同じように看護師を対象としたある調査*2では、「看護師の7割がeラーニング研修で学びたい」という結果も出ており、多忙な業務をこなす医療従事者への情報提供が不足している現状が見られるとのこと。

医療現場において今後ますます必要不可欠な存在となっていくソノグラファーの支援と、更なる超音波検査の普及によるよりよい医療を目指し、このたびGEヘルスケア・ジャパンは、ソノグラファー向けにGEヘルスケアの超音波装置に関するお役立ち情報を満載したメールマガジンを発行するに至ったという。

*1 :厚生労働省大臣官房統計情報部「平成25年医療施設調査・病院報告」
*2 :株式会社デジタル・ナレッジ「看護師のeラーニング研修に関する意識調査
報告書」(https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/4481/)

メールマガジン「Sono-co」概要
・新製品情報及び超音波検査に関するセミナーやイベント情報を提供
・当社製品の使い方や便利な機能をわかりやすく紹介
・超音波検査のビギナーからエキスパートまで幅広い購読者層を対象にしており、それぞれに最適化された情報を提供
・毎号ソノグラファーに役立つツールを用意
※アンケートにつきお一人さま1アイテムのみ。
登録は、検索ワード「gogo sonoco(http://gecommunity.on.arena.ne.jp/sonoco/)」
よりウェブにて可能。登録は無料。

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
ブランチャード/松井
TEL:0120-202-021
URL:http://www3.gehealthcare.co.jp/

このページの先頭へ戻る