GEヘルスケアと武田薬品、肝疾患に関するアライアンス契約を締結

2014.11.11

GEヘルスケアと武田薬品工業(株)は、肝疾患の診断・治療において重要な要素である肝線維化の診断技術に関するアライアンス契約を締結した。本契約の締結については、米国時間11月7~11日に米国マサチューセッツ州ボストンで開催される第65回米国肝臓学会議(AASLD)の時期に合わせて発表する。
本契約に基づき、GEヘルスケアは武田薬品が進める肝疾患に関する研究・開発において、線維化測定のためのイメージング診断技術を武田薬品へ提供する。両社協力のもと、各々の強みを活かすことによって、治療薬のより早期の開発および新たな肝疾患診断技術の開発を目指している。
初期の肝疾患は自覚症状がほとんどなく、正常肝から肝炎、肝硬変へと症状が悪化するのに伴い、組織が硬くなる線維化が進むのが特徴である。近年世界的に、高齢化や生活習慣の変化などから、メタボリックシンドロームの肝臓における表現型とされる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)が問題となっている*1。過去20~30年の間で、NAFLDおよび非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)が先進国における肝疾患の原因第一位となっている。また過去20年間で、他の肝疾患の罹患率が維持、減少している一方で、NAFLDの罹患率は倍に増えている。さらに、最近のデータによると、中東、極東、アフリカ、カリブ海諸国、ラテンアメリカなどの新興国においても、NAFLDやNASHは同様に重要な疾患であることが示されており、肝臓の線維化の早期診断とともに肝疾患の進展を抑制する薬剤の開発が課題となっている。
現在、肝線維化の診断において針を皮膚から肝臓へと突き刺し、肝臓の一部を採取して測定する肝生検(バイオプシー)が主な検査方法とされているが、患者さんの負担を軽減する非侵襲的な診断方法の開発が強く求められている。GEヘルスケアが開発し、2009年より米国で(日本国内は2012年から)使用が開始されたMRエラストグラフィー*2では、肝臓組織の相対的な硬さをMRIによる非侵襲的な方法で鑑別することができるようになった。このようなGEヘルスケアの診断技術は、武田薬品が取り組む革新的な薬剤の開発に寄与することが期待される。

*1 出典:「THE MERCK MANUAL PROFESSIONAL EDITION」サイト内のJesse M. Civan, MDの記事から引用
World Gastroenterology Organisation Global Guidelines「Nonalcoholic Fatty Liver Disease and Nonalcoholic Steatohepatitis」から引用
*2 MRエラストグラフィーとは、外部から与えられた振動をもとに、MRIで体内組織の弾性(elasticity)を画像化する技術です。組織の相対的な硬さを色分け表記できるのが最大の特長で、得られた画像に設定したROI(関心領域)の測定値は肝臓の相対的な硬さ(弾性)を反映しており、臨床的には世界の高齢化に伴い罹患数が増加傾向にある肝疾患の進行度診断に高い有用性が期待されています。詳しくはこちらから。

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン株式会社
Tel: 0120-202-021
武田薬品工業株式会社コーポレート・コミュニケーション部
Tel: 03-3278-2037

このページの先頭へ戻る