コニカミノルタ、世界最軽量※1を達成すると同時に堅牢性を向上させたカセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR PREMIUM (エアロディーアールプレミアム)」新発売

2014.08.27
AeroDR PREMIUM
使用例
耐荷重、耐落下の性能向上
 コニカミノルタ(株)は、このたび、世界最軽量を達成すると同時に堅牢性を向上させた、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR PREMIUM (エアロディーアールプレミアム)」を発売した。
 近年、医療情報のIT化が急速に進む中、X線撮影画像をダイレクトに取得出来るDR※2が普及してきた。同社は、画像データの送信が無線で行えるワイヤレスタイプのカセッテ型DR「AeroDR」シリーズを2011年より展開し、軽量かつ堅牢性がもたらす扱いやすさと、低線量でも高画質な性能について多くの医療現場で高い評価を得ている。
 このたび、世界最軽量2.6kgを実現しハンドリング性をさらに向上した「AeroDR PREMIUM」(14×17インチサイズ)を発売した。「AeroDR」のようなカセッテ型DRは、病室での撮影にも頻繁に使われるが、その際にX線撮影技師は片手で患者を支えたりするために、片手でカセッテ型DRを扱うことが多く、女性のX線撮影技師でも楽に取り扱いできるよう軽さが求めらている。そのほかにも、さまざまな場面で技師への負担を軽減するために、「AeroDR」にも、さらに軽量化を要望する声が多く寄せられていた。このご要望に応えるため、「AeroDR PREMIUM」では筐体および構成部品の設計を見直し、従来の「AeroDR」よりも約10%軽量化。また、撮影頻度の高い検査室に加えて、手術室、救急医療、災害現場など様々な場面での利用拡大に伴い、ハードユースに耐えうる性能の要請も強くなった。これに対し、耐荷重、耐落下性能の向上、防水設計といった堅牢性の向上を実現されている。
 さらに、次の撮影までのサイクルタイムを従来の「AeroDR」の約1/2と大幅に短縮している。これによって撮影にかかる時間も短くなり、整形外科などで同じ部分を何枚も撮影する際に患者が痛みを伴う姿勢で撮影を待つ時間や、集団検診などで患者が順番待ちをする時間が短くなるなど、患者への負担も軽減。
 「AeroDR PREMIUM」の発売によってカセッテ型DRの利用がさらに広がり、より多くの医療現場でX線照射量の低減とデジタル画像診断のさらなる効率化に貢献できるものと考えられる。

【カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR PREMIUM」の主な特長】
1.世界最軽量2.6kg
さらに軽くという多数のご要望があり、内蔵されたバッテリーを含めても重量2.6kgと、14×17インチサイズのワイヤレスタイプDRとして世界最軽量を達成。筐体および構成部品の設計を徹底的に見直し、従来の「AeroDR」よりも約10%軽量化し、優れたハンドリング性を実現。

2.耐荷重、耐落下の性能向上
軽量化だけではなく、さらなる堅牢性を追求。落下への耐性を高めるために、特に衝撃を受けやすい角部の剛性と衝撃吸収性を向上させた。また、病室などのベッド上で上体を起こしながらカセッテ型DRを当てて撮影する場合を想定して、“曲げ”に対する強度をアップし、両端2辺を支持して上に荷重を加える場合の強度は従来の「AeroDR」の約2倍※3を達成。

3.撮影間隔短縮により、待ち時間を軽減
ハードウェアの改良とソフトウェアの最適化により、1枚撮影した後の次の撮影可能時間までの間隔を短縮。次撮影までのサイクルタイムは、従来の「AeroDR」の約1/2。これによってX線撮影の効率が上がり、撮影にかかる時間が短くなり、患者の待ち時間も短くなる。

4.長時間駆動を実現したバッテリー性能
内蔵されているリチウムイオンキャパシタの容量の拡大と省電力機能の強化によって駆動時間が長くなり、従来の「AeroDR」に比べ、撮影可能枚数を約1.5倍※3に増やすことが可能。これにより、いくつもの病室を回診しながら撮影する場合でもバッテリーの交換や充電作業など、バッテリー運用であることを忘れさせてくれるストレスフリーな環境を提供する。

【カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR PREMIUM」の仕様】
製品タイプ カセッテ型ワイヤレスフラットパネルディテクタ
検出方式 間接変換方式
X線自動検出 AeroSync
シンチレーター(蛍光体) CsI(ヨウ化セシウム)
外形寸法 383.7(W) x 460.2(D) x 15.9 mm(H) (14x17inch カセッテ同等)
重量 2.6kg
画素サイズ 175μm
画像領域 348.95 x 425.25 mm (1994×2430 画素)
A/D変換 16 bit (65,536 階調)
耐荷重 点荷重:150kg@40mmΦ 面荷重:300kg@有効画像領域全面
防水性能※4 IPX6

通信
専用有線イーサネット接続/
無線LAN(IEEE802.11a/n 準拠) 5.0GHz/2.4GHz
ダイナミックレンジ 4 桁
プレビュー表示時間 1 秒台
撮影間隔(サイクルタイム)※5
約4 秒(有線接続時)
約6 秒(無線接続時)
バッテリー種類/寿命 リチウムイオンキャパシタ(内蔵式)/パネル製品寿命同等
バッテリーフル充電所要時間 30 分以内
フル充電時撮影可能画像数
300 画像/8.2 時間
(1検査3撮影5分サイクル検査、X 線発生装置との曝射連動時)
フル充電後の待機時間 約20時間

● ここに記載の内容、仕様および外観は都合により予告なしに変更する場合がある。
● ここに記載の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標。
● 「AeroDR PREMIUM」は、「デジタルラジオグラフィー AeroDR SYSTEM2(製造販売認証番号:226ABBZX00050000)」の呼称。
● 「AeroDR 」は、「デジタルラジオグラフィー AeroDR SYSTEM (製造販売認証番号:225ABBZX00011000)」の呼称。

※1:2014年8月27日現在。
※2:Digital Radiography: 照射されたX線をセンサーパネルで受光し、ダイレクトにデジタル画像を得るため、一般的にCRよりも画質が良く、また即時性に優れる。
※3:当社従来品との比較。試験方法は当社基準による。
※4:落下衝撃が加わった場合は防水性能(IPX6相当)を維持できない恐れがあります。本製品の防水性能は無破損、無故障を保証するものではない。
※5:機器構成、および使用環境により性能は異なる可能性がある。記載の性能はX線発生装置との曝射連動時。

【商品名】 AeroDR PREMIUM
【標準価格】 25,800,000円(税別)
【主な特長】
・ 世界最軽量※1の2.6kg
・ 耐荷重、耐落下の性能向上
・ 撮影間隔短縮により、待ち時間を軽減

●お問い合わせ
コニカミノルタヘルスケア(株)
TEL:03-5323-7525
URL:http://konicaminolta.jp/healthcare/

このページの先頭へ戻る