フィリップス、腫瘍に対するインターベンションをサポートする新型血管撮影装置アプリケーション「OncoSuite(オンコスイート)パッケージ」を発売

2014.03.18

最新のライブ3Dガイダンスとシミュレーション機能により
腫瘍に対するインターベンションを強力にサポート

EmboGuideの画面
XperGuide Ablationの画面
(株)フィリップス エレクトロニクス ジャパン(以下 フィリップス)は、本日、3月18日より、血管撮影装置の新型アプリケーションである「OncoSuiteパッケージ」の販売を開始することを発表した。
「OncoSuiteパッケージ」とは、腫瘍に対するインターベンションの肝動脈化学塞栓療法(TACE)をはじめとする塞栓療法をサポートする「EmboGuide(エンボガイド)」と、アブレーション治療に対するシミュレーション&イメージガイダンス機能を搭載する「XperGuide Ablation(エクスパーガイド アブレーション)」からなる、最新アプリケーションである。従来のDSA、コーンビームCTによる術中の画像診断情報に詳細な3Dガイダンス機能を加え、術者を強力にサポートする。
FPD(フラットパネルディテクタ)搭載血管撮影装置Allura(アルーラ)シリーズを導入されているユーザー様へのアップグレードも可能なパッケージだ。

~「OncoSuiteパッケージ」の主な特長 ~

1. 「EmboGuide(エンボガイド)」- 腫瘍インターベンションの臨床現場から要望されたTACE(肝動脈化学塞栓術)治療時等の栄養血管候補の抽出補助機能を搭載した最新アプリケーション
TACEをはじめとする塞栓術をサポートする機能として「EmboGuide」ソフトウェアを搭載している。この「EmboGuide」では、XperCT(コーンビームCT)より得られた3D 情報より腫瘤にかかわる栄養血管候補の抽出をサポートし、複雑で微細な塞栓ルート候補に対する治療戦略のシミュレーションを可能にする。
従来多数のDSA撮影を繰り返すことでしか確認できなかったターゲット栄養血管がより正確迅速に把握できる可能性が高まり、インターベンション手技の正確性とスピードの改善に貢献する。
また、DualPhase XperCT(デュアルフェイズ エクスパーシーティー)では往復軌道でのXperCT収集が可能で、多時相の術中診断情報が必要なインターベンション治療時に、よりスピーディーに目的の3D画像収集が可能。

2. 「XperGuide Ablation(エクスパーガイド アブレーション)」- 穿刺の3D イメージガイダンスと術前のシミュレートサポート

既に発表された穿刺ガイドソフトウェアXperGuide(エクスパーガイド)に、アブレーション治療時の焼灼範囲のシミュレーションサポート機能を搭載した。最新の穿刺アブレーション手技(凍結治療、RFA治療)に必要な3次元の焼灼範囲シミュレーションをサポートすることにより、術者が安心して手技に臨むことができる。

3. 既存のFPD搭載Alluraシリーズへのアップグレードも可能

これから導入予定のご施設の血管撮影装置はもとより、既存FPD搭載のAlluraシリーズを導入されているユーザー様へのアップグレードも可能。最新の治療現場のニーズに基づいた機能にアップデートが可能。

尚、本「OncoSuiteパッケージ」は、4月11日(金)~4月13日(日)にパシフィコ横浜で開催される、日本最大級の医用画像機器学術展示会「国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2014)」のフィリップスブースで、初展示を行う。
また、4月13日(日)12:00-12:50のランチョンセミナーでは、「高度なTACE治療を支援するコーンビームCTと新技術:EmboGuide」として、福井県済生会病院の宮川士朗 先生が、本アプリケーションの研究成果について講演が行なわれる予定。

●お問い合わせ
(株)フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口
TEL: 0120-556-494 / 03-3740-3213
URL : http://www.philips.co.jp

このページの先頭へ戻る