富士フイルム、内視鏡情報管理システム「NEXUS(ネクサス)」V2.4を発売

2013.11.25

 富士フイルム(株)は11月25日、内視鏡部門における検査ワークフロー管理、画像管理、所見作成を行う内視鏡情報管理システム「NEXUS(ネクサス)」に、新たに内視鏡手術などの動画を保管、管理する機能を追加搭載した新バージョン「NEXUS」V2.4を、富士フイルムメディカル(株)を通じて12月1日より発売すると発表した。
 「NEXUS」は、内視鏡部門における受付・検査・データ参照・レポートなどの業務をIT化し、検査・治療における患者取り違えの防止やルーティン業務負担の軽減を実現する部門システム。メーカを問わずすべての内視鏡装置から出力される検査画像を高画質で保管し、レポートの作成支援や病院全体の医用画像情報システム、電子カルテとの連携を可能にする。現在日本国内で約600施設の医療機関において利用されている。
 「NEXUS」V2.4では、内視鏡を用いた手術などの際に、従来の静止画管理と同様に患者情報や検査情報を動画ファイルに付与した上でサーバに保存するため、患者ごとに高画質な手術動画を一元管理することが可能になった。さらに、保存された手術動画から必要な箇所を簡単に切り出し、PCやタブレットなどに保存できるようになった。これらの手術動画は、エビデンスの管理、医師の育成、患者説明、学会発表などに活用できる。

「NEXUS」V2.4

発売日
平成25年12月1日

製品名
内視鏡情報管理システム「NEXUS」V2.4

主な特長
(1)オープンシステム
メーカーを問わず、すべての内視鏡装置の検査画像および手術動画を高画質で保存・管理可能。
(2) 素早く、詳細を記録できるレポートシステム
診断レポート入力時に、データベースに登録された単語を選択するだけで、素早く詳細を記録できるレポートシステムを搭載。 検査部位、診断、所見内容が相互に紐づいており、検査部位を選択すると、その検査部位で想定される診断名が絞り込まれて表示される。 さらに、診断名を選択すると、その診断名に対応した所見用語が抽出されます。数多くの用語を上から絞り込んでレポートを書けるため、スムーズなレポーティングが可能。
(3) 内視鏡室の複雑なワークフローをIT化
受付、問診、前処置、検査開始、術中看護記録、実施会計、レポーティング、病理依頼、洗浄消毒の各工程をIT化し、複雑な業務をシンプル化し、検査効率の向上とリスク低減に寄与する。
(4) 動画管理・参照機能
内視鏡手術の動画の管理、参照が可能。5分以内の動画であれば本体サーバに記録し、院内配信を含めた参照環境の提供が可能。5分を超える動画については、部門内の専用ネットワークにより構築されたNAS上に保存し、Viewerで参照、編集することが可能。

構築例

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)
営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://fms.fujifilm.co.jp/index.html

このページの先頭へ戻る