GEヘルスケア ベータアミロイド検出用薬剤Vizamyl(Flutemetamol F18 注射剤)が 米食品医薬品局の承認を取得 ~ PET検査用の新造影剤の使用で、脳内βアミロイドをカラーで画像化 ~

2013.10.29

 GEヘルスケアは10月25日(金)、同社が開発を進めるPET(陽電子断層撮影)検査向けのβアミロイド検出用放射性薬剤「Vizamyl(ビザミル)」が、米食品医薬品局(FDA)の承認を受けたことを発表した。Vizamylは Flutemetamol F18注射剤で、アルツハイマー病や他の認知障害が疑われる成人患者の脳内で見られる老人斑の主成分であるβアミロイドの沈着を画像化する。

 ピッツバーグ大学アルツハイマー病研究センターの共同センター長であるWilliam E. Klunk医学博士(精神神経科特別教授)は、「Vizamylは、アルツハイマー病の症状が見られる患者の評価に用いられる現行の方法を補強する重要かつ新たなオプションです。脳内アミロイド斑の存在を検出する能力は、アルツハイマー病をはじめとする認知障害が疑われる患者のより正確な診断支援につながる可能性を秘めています」とコメントしている。

 脳内に蓄積されるβアミロイドの増大は、アルツハイマー病の重要な病理学的特徴だが、米国では死因の第6位を占めるほど一般的な認知症であり、脳内にアミロイド斑が蓄積され、神経機能に悪影響を及ぼすことが知られている。
 VizamylはFDAに承認された唯一のカラー画像PET検査向けβアミロイド検出用薬剤で、モノクロではなくカラー画像での視覚的読影を可能にすることで、他の診断手法を補完する役割を果たす。2014年に上市予定。

※本プレスリリースの原文は以下のリンクからご覧いただけます。
http://www.genewscenter.com/Press-Releases/GE-Healthcare-Announces-FDA-Approval-of-Vizamyl-Flutemetamol-F18-Injection-for-Detection-of-Beta-437e.aspx

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
ブランチャード美津子 / 松井亜起
Tel: 0120-202-021
http://www3.gehealthcare.co.jp/

このページの先頭へ戻る