ワコム、DTU-2231の後継機種、DTK-2241発売を発表

2013.05.01

(株)ワコム(本社:埼玉県加須市、代表取締役社長:山田正彦)は5月1日、液晶ペンタブレット「DTK-2241」の発売を発表した。

この「DTK-2241」は企業内における業務フロー、銀行や販売店の店頭における商品説明から販売、医療現場でのカルテや同意書の電子化などのペーパーレス化の流れをサポートする製品として発表された。

「DTU-2231」の後継機として発売されるこの製品は、ペンの性能を向上し、高品質なフルHD対応の21.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載している。広視野角のIPS液晶により、斜めからでも色の変化が少ない表示を実現。

さらに、機能の割り付けをカスタマイズできる5個のファンクションキーを使用することにより、デジタルコンテンツを使ったコミュニケーションやプレゼンテーションをよりスピーディーかつ快適に行うことが可能となっている。

また、この製品は業務システムのペーパーレス化に対して威力を発揮するインターフェースの他、患者との効果的なコミュニケーションを生み出すことや活発な対話型のプレゼンテーションに活かすことができると期待される。

 

 

型番:DTK-2241/G0

販売名:DTK-2241

販売価格:オープン

 

 
●お問い合わせ

(株)ワコム ソリューション事業部

TEL:03-5337-6706

URL:http://solution.wacom.jp/contact.html

 

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る