日本ヒューレット・パッカード、日本マイクロソフト、ビッグデータ活用に最適化したDWHアプライアンス製品 「HP AppSystem for SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse」を提供開始 ~業界初MPP(注)によるHadoopとRDBを横断した高速分析を実現~

2013.04.23

 日本ヒューレット・パッカード(株)(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:小出伸一、以下、日本HP)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:樋口泰行、以下 日本マイクロソフト)と連携し、ビッグデータ対応のMPP(注)型DWH (Data Warehouse)アプライアンス製品「HP AppSystem for SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse」(以下、HP AppSystem for PDW)の提供を本日より開始すると発表した。両社は、同製品の提供を機に、データベース分野での協業体制をさらに強化し、お客様のビッグデータ活用を推進していく。

 昨今、グローバルでの競争力強化や市場拡大、消費者ニーズの多様化、さらには市場環境の急激な変化などに対応するため、膨大かつ多種多様なビッグデータを活用する機運が高まっている。そして、ビッグデータをより有効活用するために、従来のRDBに格納されたデータだけでなく、大規模分散処理プラットフォーム「Hadoop」上に収集したデータまで含めて、横断的にリアルタイム分析することが求められている。

 こうしたニーズに対応するべく、日本HPでは日本マイクロソフトと連携し、ビッグデータの分析に最適化したDWHアプライアンス製品として、同製品の提供を開始する。同製品は、日本HPのx86サーバー「HP ProLiant DL360p Gen8」およびストレージ「HP D6000」と、日本マイクロソフトのMPP型DWHソリューション「Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse」(以下、SQL Server 2012 PDW)をアプライランス化して提供するもので、ビッグデータの分析処理性能を大幅に向上するとともに、業界最高水準のコストパフォーマンスを実現している。

 同製品の特長として、Hadoopとの直接連携が挙げられる。従来のように、HadoopのデータをDWHに取り込む必要がなくなり、RDB に格納された構造化データとHadoop上のデータを横断した分析を、使い慣れたWebブラウザーやMicrosoft Excelからできるようになる。このほか、データの増加に合わせて、最小1/4ラック(2計算ノード)から最大7ラック(56計算ノード)まで、柔軟にリソースを追加できる高い拡張性を備えている点も大きな特長である。

 両社は、これまでデータベース分野における協業展開として、最大限の性能を引き出すMicrosoft SQL Server とSMP(対称型マルチプロセッシング)サーバーの最適構成「Microsoft SQL Server Fast Track DataWarehouse」リファレンスモデルや、フラッシュメモリストレージ(SSD)とハイエンドサーバーを組み合わせたアプライアンス製品「Microsoft SQL Server SSDAppliance」などを提供してきたが、こうした実績を踏まえ、今回の同製品の提供にあたり、協業体制をさらに強化する。日本HP本社にHP AppSystem Lab.を新設するとともに、日本マイクロソフトのエンジニアが日本HPに常駐し、動作検証のサポートやセールスツールの開発などを行うほか、両社の営業チームが共同で、お客様に最適なコストパフォーマンスに優れたDBシステムの提案活動を行っていく。

同製品の参考価格・販売開始日は、以下の通りである。

※1 別途保守サポート契約が必要である。
※2 SQL Server 2012 PDW は、Select Level A の参考価格で、1年目のソフトウェアアシュアランス費用を含んでいる。詳細は販売代理店までお問い合わせとのこと。

<「HP AppSystem for PDW」の概要>
 同製品は、RDBに格納されたデータだけでなく、Hadoop上のデータも有効活用し、ビッグデータの価値を高める分析を実現するDHWアプライアンスである。日本HPの1Uラックマウントサーバー「HP ProLiant DL360p Gen8」とストレージ「HP D6000」をハードウェア基盤とし、日本マイクロソフトのMPP型DWHソリューション「SQL Server 2012 PDW」を組み合わせて提供する。

主な特長は以下の通りである。

≪Hadoop連携に対応し、Hadoop上のデータをExcelで直接分析≫
 従来までのHadoop分析は、一度、DWHにHadoop上のデータを取り込む必要があった。同製品では、Hadoop連携に対応することで、Hadoopからデータを取り込むことなく、使いなれたWebブラウザーやMicrosoft Excelから直接、Hadoop上のデータを分析できる。これにより、RDB上のデータとHadoop上のデータを横断的に分析することが可能となった。

≪カラム型インデックスの採用でデータ処理性能を大幅向上≫
 MPP型DWHソリューション「SQL Server 2012 PDW」では、複数のコンピュートノードで分析処理を分散し、各ノードのホストに搭載されたリソースを使って並列で実行することにより、膨大なデータ処理を高速で実行する。さらに、カラム型インデックスの採用により、I/Oを削減することで大幅な処理性能の向上を実現している。

≪最小1/4ラックのスモールスタートから柔軟な拡張性とHP ProLiant DL360p Gen8の自働サーバー機能を実現≫
 同製品のハードウェア構成は、最小1/4ラック(2ノード、45TB、3TBドライブ利用時)からスタート可能で、計算ノードとして「HP ProLiant DL360p Gen8」×2台、データ格納ストレージとして「HP D6000」×1台、パッシブサーバーとして「HP ProLiant DL360p Gen8」×2台の構成となる。データの増加に合わせ、計算ノードを1/4ラック(2ノード)ずつ追加できる柔軟な拡張性を備えており、最大7ラック(56ノード、1,268TB、3TBドライブ利用時)までのDWHを構築することが可能である。また、計算ノードにはHP ProLiant DL360p Gen8が採用されており、内蔵されているiLOマネジメントエンジンの機能をフル活用することが可能で、Active Health System、エージェントレスマネジメント、自動通報サービスと無償のサーバー管理WEBポータルのInsight Onlineサイトなど、「自働サーバー」として稼働する。

<「HP AppSystem for PDW」主要構成製品仕様>
●HP ProLiant DL360p Gen8(計算ノード)
 インテル (R) Xeon (R) プロセッサーE5-2600 ファミリー
(8コア, 2.9GHz, 20MB L3キャッシュ)×2、
 256GBメモリ、600GBSASハードディスクドライブ×2
●HP D6000(データ格納ストレージ)
 6Gb/秒のSASストレージディスクエンクロージャー、3.5型SASドライブ70台サポート、
 SASドライブは、1TB、2TB、3TBから選択可能。

■同製品に関する製品情報は以下のURLを参照。
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/appliance/microsoft/pdw/

■SQL Server 2012 PDW の製品情報は以下のURLを参照。
http://www.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/2012/pdw/default.aspx

■製品写真ライブラリ (画像データは以下のURLより)
http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/library/appliance/

■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

(注) MPP(Massively Parallel Processor 、超並列プロセッシング)とは、それぞれで独立して CPU やメモリ、I/O システムを持ち、独立したオペレーティング システムが稼働している「ノード」を複数組み合わせてクラスタ化することで、複雑な処理を高速に並列実行するための仕組みであり、ノードを追加することで、並列度を向上させ、処理速度を向上させる特徴がある。

* Microsoft、SQL Server、Excel、Windows Server は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標である。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標である。

●問い合わせ
日本ヒューレット・パッカード(株)
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:03-5749-8291
URL:www8.hp.com/jp/ja/home.html

日本マイクロソフト(株)
カスタマーインフォメーションセンター
TEL:0120-41-6755
URL:http://www.microsoft.com/ja-jp/default.aspx

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る