GEヘルスケア・ジャパン、麻酔管理への取り組みを強化

2012.12.21

高い安全性と利便性を誇る米バイタル・サイン社製麻酔回路の取り扱いを開始~医療用消耗品事業を拡充、国内トップの麻酔器群と消耗品を一括提供~
 
 

Limb-O(リンボー)麻酔回路(VS)
 医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン(株)(本社:東京都日野市、社長:川上潤)は12月20日、麻酔器および人工呼吸器用の呼吸回路「Limb-O(リンボー)麻酔回路(VS)」を発売、さらなる麻酔管理に向けた取り組みを強化する。
 Limb-O麻酔回路(VS)は、GEヘルスケア(本社:英チャルフォント セントジャイルズ、プレジデント兼CEO:ジョン・ディニーン)が2008年に買収した米医療機器・器具大手バイタル・サイン社製の麻酔・呼吸回路で、米国では約80%のトップシェアを有する定番のディスポーザブル品(GEヘルスケア調査)。最大の特長は、1本の回路内を隔壁で吸気と呼気の2つに分けたシンプルな構造を採用していることだ。
 
国内唯一の独自構造と軽量化で効率的な麻酔管理を実現するLimb-O麻酔回路(VS)
 現在の回路はチューブ(蛇管)が呼気・吸気用にそれぞれ1本ずつあるタイプか、チューブの内側に細い管を通して呼気用と吸気用に2重化したタイプが主流だが、チューブが呼気用と吸気用に2本ある場合、手術中に麻酔器を移動する際に支障がでたり、誤接続につながったりする可能性があった。一方、2重化したタイプはチューブが重くなるため、手術中の取り回しに難があるほか、チューブがねじれてガスが詰まるキンクが発生したり、回路の自重によって外れたりする場合があった。
 Limb-O麻酔回路(VS)は、回路の中央に隔壁を設けて呼気用と吸気用に2分割したシンプルな構造を採用するとともに、重さを106グラム(1000mmの場合)と従来の二本回路に比べて50%以上軽量化することでこれらの課題を克服。キンクや回路外れ、誤接続など術中に発生しうる不具合を低減することで患者のリスクを軽減するとともに、術中の取り回しのしやすさを高め、より効率的な麻酔管理を実現する。また、この2分割構造を採用することで使用後に廃棄されるゴミの量が二本回路に比べて最大3割削減されるなど、環境にも配慮した製品となる。
 
市場環境・販売戦略
 同社は現在、「エスパイア」「エイシス」「アバンス」「エスティバ」の4ブランド体制で、エントリーモデルから高性能機種まで各医療機関のニーズに最適な麻酔器を展開しており、現在約6割と国内トップの市場シェアを有している(出典:矢野経済研究所)。同社は本回路の取り扱い開始に伴い、医療用消耗品の販売を手がける事業部門を拡充し、国内トップシェアの麻酔器群とディスポーザブル回路を一括提供する体制を確立。より麻酔管理に向けた取り組みを強化する方針だ。
 
 
<製品紹介>
製品名:Limb-O麻酔回路(VS)
薬事販売名称:麻酔回路セット(VS)
サイズ:1000・1500・1800・2700mmの4サイズ(長さ)x22mm(口径)
重量:106グラム(100㎝の場合)
希望小売価格:1,800~3,000円/本(税抜き)
発売日:2012年12月20日(木)
初年度国内販売目標:12万本
医療機器認証番号:224ABBZX00123000
 
 
●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
TEL:0120-202-021
URL:http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/index.html
会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る