GEヘルスケア・ジャパン、第25回GEヘルシーマジネーション大賞 一般投票開始

2012.11.26

一次審査を通過した15編の提言をウェブサイトに公開

 GEヘルスケア・ジャパン㈱(本社:東京都日野市、社長:川上潤)は11月27日(火)から12月10日(月)まで、「第25回GEヘルシーマジネーション大賞」の一般投票を実施。する。
 GEヘルシーマジネーション大賞は誰でも応募できるヘルスケアに関するアイデアコンテストである。第25回目の今年は「一人ひとりの健康を身近で支える医療 ~少子高齢社会におけるプライマリ・ケアのあり方とは?」をテーマに、少子高齢社会において、医療の柱の1つとなることが確実視されている「プライマリ・ケア」についての提言を募った。11月5日までの約3ヶ月間の募集期間中に、21~89歳までの幅広い職業と年齢層から計139編もの応募があり、一次審査を通過した15編が一般投票に駒を進めた。
 一般投票は専用ウェブサイト(www.gehealthcare.co.jp/company/hmaward/)にて実施し、誰でも投票できる。投票は一人1回のみで、最大3編まで選択できる。
 受賞作品はこの一般投票と審査員による選考を踏まえて、一般・医療両部門から大賞と優秀賞が1作品ずつ選ばれる。大賞受賞者(1名)には賞金50万円、優秀賞受賞者(1名)には賞金25万円が贈られるほか、プライマリ・ケア関連の機関・施設に対する寄付権が付与される。受賞作品は2013年2月末までに同社ウェブサイト(www.gehealthcare.co.jp)ほかにて発表される(同大賞の詳細は以下を参照)。

●概要
主催:GEヘルスケア・ジャパン㈱
後援:厚生労働省・一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会・公益社団法人日本看護協会
特別協賛:公益財団法人消費者教育支援センター
協力:日本GE㈱
募集テーマ:「一人ひとりの健康を身近で支える医療 ~少子高齢社会におけるプライマリ・ケアのあり方とは?」
募集期間:2012年8月13日~2012年11月5日
審査員:小川彰(岩手医科大学学長兼理事長)、 丸山泉(一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会理事長)、有馬真喜子(公益財団法人消費者教育支援センター顧問)、 多田荘一郎(GEヘルスケア・ジャパン㈱超音波本部長)
賞・賞金:◆ 大賞(1名):賞金50万円 + 寄付金10万円
     ◆ 優秀賞(1名):賞金25万円 + 寄付金5万円
      (寄付金は受賞者指定のプライマリ・ケア関連施設・団体・機関に寄贈)
応募総数:139編
大賞の発表:2013年2月中に主催者ウェブサイト他にて発表

●お問い合わせ
G ヘルスケア・ジャパン㈱
GEヘルシーマジネーション大賞事務局
TEL:0120-202-021
URL:www.gehealthcare.co.jp

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る