持田シーメンスメディカルシステム、超音波診断装置「ACUSON X700」発売

2012.11.22
ACUSON X700
ルーチン検査に高い操作性とワンランク上の画像を提供
 
 持田シーメンスメディカルシステム(株)(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:菊池秀一)は2012年12月3日より、超音波診断装置ACUSON X700(アキュソン X700)の販売を開始する。
 ACUSON X700は汎用型クラスであるX Familyにプレミアムシステムとして新たに加わる。ACUSONX700 は、「より便利に」「より簡単に」をコンセプトに、フルカスタマイズ可能なソフトキーと充実した計測レポート機能をコンパクトな本体に詰め込んだ。多方向送受信やスペックルリダクションなどの画質向上アプリケーションを標準搭載し、快適なワークフローと高いクオリティの画像をルーチン検査に提供する。
 
 
◆特長
ワンランク上のイメージクオリティ
 シーメンス独自のハナフィレンズ搭載プローブにも対応し、近位から遠位まで均一なスライス厚の高精細画像が得られる。さらに、微細な血流まで検出
できる高感度ドプラは全てのプローブに対応。
 
検査環境を考慮したシステムデザイン
 スタンバイ状態を保持するバッテリーオプション、移動に便利な本体ハンドル、可動性の高いモニタアームやモニタハンドルなど、さまざまな検査環境・検査
体勢をサポート。
 
検査精度を向上させるアドバンスト・アプリケーション
 駆出率の自動計測や心臓の局所壁運動のベクトル表示が可能なアプリケーション、腹部造影イメージやIMT(内膜中膜複合体厚)自動計測など、診断に役立つアプリケーションを搭載し、検査精度の向上に貢献する。

 
 
●お問い合わせ
持田シーメンスメディカルシステム(株)
プロダクトマネジメント本部
TEL:03-3493-7520
URL:http://msm.mochida.co.jp//

このページの先頭へ戻る