菱洋エレクトロ、医用画像外部保存サービスを事業化し、マルチベンダー対応と業界初の定額制料金でサービス開始

2012.08.23

 菱洋エレクトロ(株)(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小川贒八郎)は、病院・医療機関向けの医用画像外部保存サービス、「医用画像外部保管センター」を事業化し、8月23日にサービスを開始した。
 本サービスは、CRやCTスキャナー、MRIなどによる診断画像のアーカイブ(記録保管)と、バックアップ(データ保護・退避)の2つのサービスを、「医療情報を受託管理する情報処理業者向けガイドライン」(第1版、パーソナル情報研究会、経済産業省)に準拠して、病院・医療機関に向けて提供する。また、本サービスは毎月の費用変動を抑えて利用できるよう、診断装置数と年間の検査数に応じて料金を設定する定額方式を業界で初めて採用している。本サービスの契約医療機関は、院内の画像診断・管理システム(PACS1等)のデータ記憶装置(ストレージ)投資負担、大量の画像診断データのセキュリティを含む管理・運用負担を大幅に軽減できることに加え、本サービスが備える遠隔地バックアップセンターにより、万一の大災害においても診断画像データを消失させない対策が施されている。また、病院・医療機関のIT資産の一部を経費化(オフバランス化)することによるIT資産調達・保有コストの圧縮や、IT運用による排出CO2の削減などの効果が期待できる。
 同社は、本サービスで2015年までに180施設の受注を目指していくという。

●「医用画像外部保管センター」の特徴
・特定メーカーに依存しないベンダー中立のデータ交換仕様
・経済産業省ガイドラインに準拠した設備・技術・運用仕様
・災害対策用バックアップセンターを含む2 拠点以上でのデータ保管と安全対策
・年間データ発生量による月額定額料金制

●お問い合わせ
菱洋エレクトロ(株)
新規事業本部 営業第1部
TEL:03-3546-6171
URL:http://www.ryoyo.co.jp

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る