東芝メディカルシステムズ、高画質、使いやすさを追求したコンパクトな超音波診断装置Nemio MXを発売

2011.04.04

東芝メディカルシステムズ(株)(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、新製品・Nemio MX(ネミオエムエックス)を商品化し、2011年4月より販売開始した。

開発の背景
超音波診断装置は、検査時の患者への負担が他の画像診断装置に比べて少なく、リアルタイムに画像を観察できることから、腹部一般の検査や産科、循環器等の幅広い臨床領域で使われている。また、装置の移動が容易なため、検査室のほか、外来診察室や病棟へ移動して使用したいとのニーズが高まってきている。
そこで、東芝は画質や性能はそのままに、容積、重量をコンパクトにし、使いやすさを追求したNemio MXを開発した。

新製品の主な特長
1.小型・軽量
本体の容積を24%、重量を17%削減することで小型化・軽量化を実現し、環境性能を高めた(当社Nemio XGとの比較)。 使わないときにはコンパクトに収納、院内を軽快に移動し、短い起動時間で、すぐに検査を開始できる。ベッドサイドで使用する際も、患者への圧迫感を軽減する。
操作パネルは東芝独自のパームコントローラ(注1)を中心にアクセスしやすい位置にボタンが配置され、その機能を自由にプログラムすることができる。

2.フレキシブルな液晶モニタ
モニタ支持アームの稼動範囲の自由度が高いため、前面のグリップハンドルで、液晶モニタを見やすい位置へ片手ですばやく移動させることができる。術者の検査時の負担の軽減、患者へのインフォームドコンセントなどに役立つ。

3.先進のイメージングテクノロジーを搭載可能(オプション)
生体からの反射波に含まれる高調波で画像構成するTHI(Tissue Harmonic Imaging)を搭載。腹部、心臓のほか、小児や表在用の高周波プローブでも鮮明な画像を提供する。
複数の信号を合成することにより、アーチファクトの少ないクリアな画像を実現するApliPure(アプリピュア)は、カラードプラやパワードプラとの組み合わせも可能である。

4.強力なデータマネージメント(データマネジメントユニットはオプション)
大容量のHDDを標準搭載。検査画像を効率的に管理する。ファイリングされた画像はUSBポート、CD/DVDで外部に取り出せる。また、DICOM(ダイコム) をサポートするほか、Stress Echo(ストレスエコー)やレポーティング機能を搭載可能である。

注1:パームコントローラ:トラックボールとダイヤルを組み合わせたデバイス。

NemioMX
販売名 超音波診断装置 Nemio MX SSA-590A
一般的名称 汎用超音波画像診断装置
認証番号 223AABZX00014000

 

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)広報室
TEL:0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/

 

このページの先頭へ戻る