東芝メディカルシステムズ、「造影剤を用いずに血管を良好に描出できるMRI装置の開発」で平成24年度文部科学大臣表彰・科学技術賞を受賞

2012.04.10
東芝メディカルシステムズ(株)(本社:栃木県大田原市、社長:綱川 智)は4月10日、「造影剤を用いずに血管を良好に描出できるMRI装置の開発」で、平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞したと発表した。

 受賞内容は以下の通り。

1.業績名: 造影剤を用いずに血管を良好に描出できるMRI装置の開発
2.受賞者: 東芝メディカルシステムズ(株) 技監・宮崎美津恵
3.技術内容: 
 血液そのものを信号源として活用し、造影剤を用いなくても血管を安定的に明瞭に描出できる非造影MR血管撮像法を確立。さらに、動脈・静脈を選択的に描出する技術、関心領域に流入・流出する血液のみを選択的に画像化することにより疾患別に必要な血管のみを描出する技術を開発し、これらの技術を搭載したMRI装置を世界で初めて商品化した。

 文部科学大臣表彰・科学技術賞は、わが国の科学技術分野において社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発もしくは発明を行った者を対象とし授与される。
 なお、本技術は第43回市村産業賞の功績賞も受賞している。

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株) 広報室
TEL: 0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/

このページの先頭へ戻る