ナナオ、手術室向け画像表示モニターソリューションEIZO RadiForce LX600Wと信号配信マネージャーLMM0802を7月2日より販売

2012.03.06
 (株)ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、手術室向け画像表示モニターソリューションEIZO RadiForce LX600W (60.1型カラー液晶モニター)と信号配信マネージャーLMM0802を7月2日より販売する。

 手術室では、X線画像、内視鏡画像、心拍数など様々な医療情報の参照が必要であり、複数のモニターを並べ、それぞれの画面に各情報を表示することが一般的だが、情報の管理、操作の負荷軽減への関心が高まっている。このような中、ナナオでは、これら異なるシステムから送信される医療情報を収集、管理、操作する信号配信マネージャーと、全情報を一画面に表示する56インチモニターを販売している。今回、さらに大型のモニターと小型の配信マネージャーを発売、手術室のシステム規模に応じて選べるラインアップを提供し、市場のニーズに応える。

 RadiForce LX600Wは、対角60インチの大画面に高解像度8メガピクセル(3840×2160=829万画素)の情報表示が可能。液晶の光源となるバックライトにLED(発光ダイオード)を搭載し、CCFL(冷陰極管)バックライト搭載機種と比べて低消費電力を実現する。

 LMM0802は、現行機種と比較して約73%の軽量化、約67%のコンパクト化を実現。従来よりも設置場所の制限が少なく、例えばモニターと合わせて天吊りアームに設置することが可能になる。さらに、ユーザーインターフェースを改良し、操作内容を視覚的、直感的に捉えやすくした。ユーザーの使い勝手を向上させることで、機能説明など導入時や運用時の負荷を軽減する。

●お問い合わせ

(株)ナナオ 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014(代)
http://www.eizo.co.jp/

このページの先頭へ戻る