メドピア、医師資格の確認作業及び会員一括登録サービス(通称MedPeer パス)の提供を開始

2012.01.24
 メドピア(株)(本社:東京都港区、代表取締役:石見陽 以下、メドピア)は、同社が運営する医師限定ソーシャルネットワーク「MedPeer」への新規登録時の審査として実施している勤務先施設への電話やFAX 等による医師資格の確認サービス、及び会員一括登録サービスを統合したサービス(以下、MedPeerパス)の提供を開始する。 

MedPeer パスを利用するメリットは大きく3点ある。
1.確実な医師資格確認
 本人が勤務する施設に電話・FAX等で確認することにより確実に医師資格を確認する。この仕組みは、医師限定ソーシャルネットワークを運営するメドピアだからこそ提供可能なサービスである。

2. 会員一括登録で医師の利便性の向上、各製薬企業の会員拡大
 医師がMedPeerへの新規登録を実施する際に、MedPeerパス利用企業への会員登録を同時に実施することができる。
 医師にとってはワンストップで各製薬企業への会員登録を管理することができ、製薬企業にとっては新規会員獲得の機会が増加する。

3. ログイン認証、ユーザ管理の外製化
 現在各社が独自に運用管理しているWebサイトへのログイン認証システム及びユーザ情報を管理するデータベースの運用・保守費用が削減される(ログイン認証・ユーザ管理の運用サービスはオプションサービスになる)。
 医師資格の確認とログイン認証サービスを統合することによって、「誰が」Webサイトを閲覧しているのかを明確にできる。各製薬企業は、この情報をより効果的なコンテンツの作成・提供に生かすことが可能となる。また、MedPeerサイトとの更なる連携が可能となり、製薬企業のデジタルチャネルの活性化に大きく貢献することができる。

 今回の取り組みについて、現役医師でメドピアの代表でもある石見氏は次のように述べている。
「この取り組みは、製薬企業のマーケティング施策の重要なソリューションになることはもちろん、医師にとって、企業ごとに分散している薬剤情報を一元的に閲覧・管理できる仕組みであり、多くの企業の参加を呼びかけていきます。この仕組みにより、医師が特定企業に【囲い込まれる】のではなく、医師自身が主体的に【情報を管理】していく時代になることを期待します。」

●MedPeer(メドピア)とは
 2007年8月にスタートした、医師が医師のために運営する国内最大級の医師限定ソーシャルネットワーク。掲示板での意見のやり取りのほか、「オンライン症例検討会」や「薬剤評価掲示板」など様々なコンテンツを通して、医師同士の繋がりを拡げていくほか、製薬会社に対し、医師のリアルな声とプル型の情報提供の場を提供している。2012年1月現在、会員数約41,500人。約1,600薬剤について160,000件以上の評価・コメントを掲載中。
「医師限定ソーシャルネットワーク:MedPeer」 https://medpeer.jp

●お問合わせ
メドピア(株)
担当:高橋
TEL:03-3746-0690
URL:http://medpeer.co.jp/index.html

このページの先頭へ戻る