フィリップス・レスピロニクス、高齢者向けホールヘルスケア事業「フィリップス緊急通報サービス」を開始~24時間365日の安心サポート~

2011.12.22
通信機本体とペンダント
 フィリップス・レスピロニクス合同会社は12月21日、「フィリップス緊急通報サービス」を12月下旬から開始することを発表した。
 この「フィリップス緊急通報サービス」は、ペンダントと通信機本体を利用することで、24時間365日、緊急時に同社の安心サポートセンターに通報することができるというもの。ペンダントに内蔵されている複数のセンサーは、転倒・転落を自動で検知するため、自動で同センターに通報する(検知率96%)。同社は、米国において既に約650万人の使用実績を持つ「Philips Lifeline, Medical Alert Service 」の豊富な経験をいかし、高齢者の自立した生活をサポートするサービスを展開していく。
 ダニー・リスバーグ氏(同社職務執行者社長)は、「高齢化の進む日本において、高齢者の自立を支えるホームヘルスケアサービスの必要性は高まっている。この緊急通報サービスは、米国のサービスを基に日本の現状に適したシステムに改良・開発した。転倒検知時の自動通報機能により、高齢者の方もそのご家族もより安心していただけるシステムだ」と述べている。

【サービス概要】
・特徴

同社の安心サポートセンターが、24時間365日対応。通信機本体を電話線に接続するだけで、簡単に設置可能。転倒を正確に検知するさまざまなアルゴリズムを内蔵し、高さ・加速度等の指標からペンダントの落下等と転倒を区別する。ペンダントは防水仕様のため、浴室でも利用可能。

・通報の流れ
1.ペンダントのボタンを押すか転倒・転落を検知すると、自動で同社の安心サポートセンターに通報。
2.安心サポートセンターは、ご加入者の状態や持病・既往歴などを確認し、状況を判断。
3.加入者があらかじめ登録した協力者(家族、近隣住民、介護士、主治医など)に、安心サポートセンタースタッフが連絡。必要に応じて各地域の消防署や病院と連携して対応する。

・対象地域
一部地域を除く日本国内全域。

・販売方法
病院や介護施設から患者へのサービス紹介。(株)カジタクの提供する「家事玄人(カジクラウド)」シリーズの1つとして、「りんりん安心緊急通報パック」の名称でイオン店舗などにて一般販売(2012年開始予定)。

・価格
サービス加入登録…2,000円(税込)。
緊急通報サービス(通信機本体とペンダントのレンタル、安心サポートセンター対応)…月額3,980円(税込)。
「家事玄人」 専用料金パッケージを準備中。

◆お問い合わせ
フィリップス・レスピロニクス合同会社
お問い合わせセンター
TEL:0120-504-840
URL:http://www.philips.co.jp/#/headernav/medical

このページの先頭へ戻る