「Hitachi SOCIAL INNOVATON FORUM 2016-TOKYO-」展示内覧会ブースレポート

category:取材速報
2016.10.28

日立製作所は東京国際フォーラムにて、10月27,28日に「Hitachi SOCIAL INNOVATON FORUM 2016-TOKYO-」を開催した。

陽子線治療システム「PROBEAT」
日立製作所の陽子線治療システム「PROBEAT」は同社の粒子線治療システム事業の中核をなす製品だ。粒子線の停止位置で線量が高くなる「フラッグピーク」という物理特性を生かし、従来の放射線治療よりも患部への線量集中性が高く、健常部位への放射線による影響を抑制することが可能だ。これにより、患者の負担を抑えたQoLの高いがん治療を実現させる。国内外で15を超える施設に導入されており、同社では「粒子腺癌治療システムのグローバル展開を通じて、世界のがん治療に貢献していく」としている。
P1040464

CT「Supria」
同社のCT「Supria」は診断の早さと正確性という医療現場のニーズに応え、より使いやすさや導入の容易さを追求している。クリニックや診療所でも導入がしやすいコンパクトなサイズである一方、1秒未満の高速回転とサブミリスライスや「逐次近似再構成」の原理を応用した先進のノイズ低減技術の搭載などにより、より高精細な画像の提供が可能である。
P1040474

このページの先頭へ戻る