「Hitachi SOCIAL INNOVATON FORUM 2015-TOKYO-」展示内覧会を開催 その3

category:取材速報
2015.10.30

10月28日(水)、東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて「Hitachi SOCIAL INNOVATON FORUM 2015-TOKYO-」に先駆けた展示内覧会に参加・取材をさせて頂いた。

その3 オープンMRIの最新機種「AIRIS Vento」
 「AIRIS Vento」は、快適性や開放感といった利用者側の安心感を追求した永久磁石タイプのオープンMRI。
オープン型MRIでは、患者と同行者とのコミュニケーションが取りやすく、特に子どもがMRI検査を受ける際に近くにいる親と常にコミュニケーションを計れるという点で、メリットが大きい。
 また、0.3Tと低磁場であるため漏洩磁場が小さく、撮像室自体をコンパクトにすることが可能である。また、超電導タイプのMRIに必要な冷凍機が不要なため、ランニングコストを低く抑えることができる。

術中MRIでの活用
 「AIRIS Vento」は、オープン型、低磁場、コンパクトという特長、手術の実施からMRIへの患者の移動がスムーズに行えるという点から「AIRIS Vento」は術中MRI撮像にも広く使われている。
手術代からの患者の移動がスムーズに行える、室内に様々な器具や道具を安全に持ち込める、そしてランニングコストが安く抑えられるという点が好評の理由である。
今後の脳外科手術の潮流の一つになると考えられる術中MRIで、同社のオープンMRIが果たす役割は、今後さらに大きくなっていくだろう。

AIRIS Vento
AIRIS Vento

ブース展示機に実際に乗ってみました!
このページの先頭へ戻る