ブース速報 (株)日立メディコ/(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン/日立アロカメディカル(株)(第55回日本核医学会学術総会、第35回日本核医学技術学会総会学術大会)

category:取材速報
2015.11.10

第55回日本核医学会学術総会、第35回日本核医学技術学会総会学術大会が、2015年11月5日(木)から7日(土)まで行われた。
(株)日立メディコ/(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン/日立アロカメディカル(株)の企業展示について報告する。

PET/CT Ingenuity TF 日立メディコ/フィリップスエレクトロニクスジャパン
 フィリップスエレクトロニクスジャパンが製造、日立メディコを通じて販売しているPET/CT装置「Ingenuity TF PET/CT」の5つの機能「xPand5」が発表された。
 「Ingenuity TF PET/CT」は、空間分解能の改善を実現したポイントスプレッドファンクションや時間分解能の向上、ノイズ減少を可能とするTOF(Time Of Flight)などの機能を備えたPET/CT装置であるが、この「xPand5」により、その機能が更に向上する。
<xPand5の特長>
・The power of xClean
画像再構成時のノイズ成分を低減
・The power of xSharp
画質が向上、より高精細な画像を実現
・The power of xFine
2㎜/voxelで、よりシャープで精細な画像を実現
・The power of xCount
従来よりも高い係数率で、収集時間を高速化
・The power of xCalibrate
正確な品質管理

Hi_Pic1

Hi_Pic2

xPand5

LUCREST TCS-1319H 日立アロカメディカル
 日立アロカメディカルは放射線測定装置の新製品LUCREST TCS-1319Hを展示した。
 放射性物質の表面汚染検査で使用する、β線測定用サーベイメータで、同社独自のラギッドシンチレータを採用しているため、検出面が傷つきにくく、GM管に比べランニングコストに優れている。
 徹底した省電力化とコンパクト化を図り、従来の計測部と比較っして約40%の軽量化を実現。タッチパネル対応のデジタルディスプレイを採用しているため直感的な操作が可能であり、3インチデジタル液晶表示は明るい場所での視認性も良い。

Hi_Pic3

Hi_Pic4

LUCREST TCS-1319H
このページの先頭へ戻る