第23回日本乳癌学会学術総会 東芝メディカルシステムズ ブースレポート

category:取材速報
2015.07.07
マンモビュアー「Rapideye」
東芝メディカルシステムズ(株)
マンモビュアー「Rapideye」
 会場では、ビュアーの展示が特に盛況である印象を受けた。
東芝メディカルシステムズのマンモビュアー「Rapideye」は「シャーカステンでフィルムを観察するような操作性」をコンセプトに、デジタルマンモグラフィをモニタ上で読影するために必要な機能を備えた画像ビュアーである。

特長
1.ソフトコピー診断へのスムーズな移行をサポート
 マンモグラフィにおいて重要となる左右乳房の比較を以下のような機能によりサポート。
 ・胸壁側を合わせた左右対称表示
 ・ MLO、CCなどの撮影方向を認識した自動並べ替え表示
 ・胸壁を固定したマンモグラフィ特有の画像操作が可能
 ・各種画像処理の左右同期が可能
  (階調変更、拡大、移動、白黒反転、虫眼鏡表示、マスク表示)
 ・ライフサイズで画像表示する実寸表示
 ・ピクセル等倍表示

2.ワークフローを追求した操作性
 簡単な操作で過去画像との経時的比較表示や複数検査の画像表示が可能。また、DICOM画像サーバと組み合わせることにより、乳房の画像診断に用いられる超音波、MRI、CT等の検査画像を連携して表示するマルチモダリティ画像表示機能により、多様な画像診断ワークフローに対応する。

このページの先頭へ戻る