日本HP、仮想化向け統合型システム「HP ConvergedSystem」を拡充

category:取材速報
2015.03.10

中規模、大企業へのシステム導入を簡素化し推進する!

宮本義敬氏
名倉丈雄氏
中井大士氏
会場風景
日本ヒューレット・パッカード(株)は、3月3日、本社(東京都江東区)にて統合型アプライアンスシステム「HP ConvergedSystem」の新製品発表会を開催した。
同社は、仮想化用途向けの統合型アプライアンスシステムのラインナップを拡充し、新ブランド「HP ConvergedSystem」の3機種を発表した。「HP ConvergedSystem 200-HC StoreVirtual System」と「HP ConvergedSystem 200-HC EVO:RAIL」は、IT運用を簡素化し、アプリケーションのサービス提供スピードとその効率を大幅に向上するために、柔軟かつオープンなアーキテクチャーを必要とする中規模仮想化基盤の導入を支援することを目的としている。「HP ConvergedSystem 700 for Virtualization」は、従来の大規模仮想化基盤向けでカスタマイズ可能な「HP ConvergedSystem 700x for Virtualization」を単一製品に統一したものだ。
宮本義敬氏(同社HPサーバー事業統括本部・プロダクトマーケティング本部本部長)は、「今回の新製品開発は、タイトな構築スケジュールやセットアップ時のミス、複雑なシステム構成などを解決するために、お客様の声をこれまで以上に参考にしています」と開発コンセプトを発表した。
次いで、名倉丈雄氏(ヴイエムエア(株)ストラテジックアライアンス本部本部長)は、新製品に搭載されているハイパーコンパージドインフラ「EVO:RAIL」の特徴について「これから仮想化を検討する方のために、専門知識が無くても容易に運用管理ができるものとなっています」と解説した。主な機能として、電源オンから15分で仮想マシンを展開し、災害への対策として容易にバックアップが構築される。更にEVO:RAIL管理エンジンによるインフラ管理の単純化を実現したため、物理サーバー3~4台規模からの仮想化が可能となった。
最後に、中井大士氏(同社HPサーバー事業統括本部・エンタープライズサーバービジネス開発部部長)は、今回のソリューションについて「我々はお客様にとって、経済的でストレスフリーなシステム環境を提供できます」と述べた。同社初のハイパーコンパージド製品となる「HP ConvergedSystem 200-HC」。その開発目的は、アプリケーションのサービス提供スピードと効率を向上させるための、中規模仮想化基盤の導入を支援することである。さらに使った分だけが毎月課金される仮想マシン単位の従量課金サービス「HPフレキシブルキャパシティサービス」の開始も予定されている。それによって、より自由度の高い運用とIT投資の最適化、機会損失の回避、安定稼働とTCO削減が可能になるという。
IMG_6258(修正)
HP ConvergedSystem 200-HCの販売開始と新料金サービスのまとめ
このページの先頭へ戻る