「援和ケアとがん疼痛治療の最新情報に関するセミナー」を開催

category:取材速報
2014.06.27
佐藤哲観氏
金原出版(株)は、6月24日、共同PR研修室(東京都中央区)にて、「援和ケアとがん疼痛治療の最新情報に関するセミナー」を開催した。
佐藤哲観氏(弘前大学医学部附属病院麻酔科緩和ケア診療室講師診療教授)が、「日本では一般的に、がんに痛みは付き物、という認識が広がっており、潜在的に痛みを我慢しているがん患者が多いということを指摘。世界ではがん疼痛の薬物療法が広まっており、適切な薬物治療を行えば、80%以上を除痛する事が証明されている。同様に日本でもがん疼痛の薬物療法を普及させること目指したい。またオピオイドとしての新しい薬剤であるメサドンやタペンタドールを紹介し、タペンタドールにはオピオイド開始時の第一選択薬として期待されており、舌下錠や頬粘膜吸収錠などの新しいタイプのオピオイドも販売され始めている」と語った。
同氏は、がん疼痛治療に関する様々な障害を克服するための活動として医療従事者全般に対する教育・啓発を行っている。また、患者側が、がんや鎮痛剤に関する迷信や誤解を持っていることに着目し、さらなる活動を続けたいと話した。
このページの先頭へ戻る