第41回日本磁気共鳴医学会大会 AZEブース

category:取材速報
2013.09.30

 AZEブースでは、同社の最新解析アプリケーションの展示が行われていた。
 同社が提供する最新の解析アプリケーションでは、LL法で撮影されたMRI画像をカラーマッピングすることが可能。MR細血管解析では、冠動脈の高精度トレースが可能であり、whole heart imageをワンクリックかつ短時間で作成できるため、心臓ドック等で導入されるケースが増えている。また、Computed DWIでは2つのB値のデータを読み込むことで、実際はノイズも多く時間もかかってしまう任意のB値のデータを仮想的に作ることが可能となった。

このページの先頭へ戻る