【この演題がすごい!】JRC2012 注目の演題:中田典生(東京慈恵会医科大学) 中田典生(東京慈恵会医科大学)

【この演題がすごい!】コーナーでは、先生方が注目するJRC2012(JRS/JSRT/JSMP)のセッションや口演等についてご紹介します

中田 典生(東京慈恵会医科大学)が注目するJSRT(日本放射線技術学会第68回総会学術大会)でのセッションはこちらです!

図1 個人で設置できる遠隔画像診断のための
パーソナルクラウドシステムの一例
【4月13日】
・専門講座 2(医療情報)「携帯情報端末で医療サービスを向上させる」
 中田 典生(東京慈恵会医科大学放射線医学講座)
 4月13日 12:10~12:50 場所:502室

 日本医学放射線学会ではありませんが、編集委員である小生の日本放射線技術学会での講演を紹介します。4月13日(金)、12:10~12:50にパシフィコ横浜502室にて専門講座 2(医療情報)「携帯情報端末で医療サービスを向上させる」中田典生(慈恵医大)を行います。
 内容は以下の通りです。

1:この夏、病院内で携帯電話が堂々と使えるようになる!?
2:クラウドコンピューティングで注意すべきピットフォールとは?
3:自分で設置できる安価な遠隔読影システム構築の決定版:パーソナルクラウドシステムとは?(図1)
4:ついに登場、iPhoneを超える、Google次世代メガネ型Android携帯とは?
5:“拡張現実”が世界の医療を変えるーRadioGraphics誌7月号の先取り情報を公開!

 2000年からRSNAで無線LANや3Gを使った携帯端末の研究発表や論文執筆を行ってきた筆者が、次の論文であるRadioGraphics誌7月号の内容をも惜しみなく公開する、大変ホットな内容です。次世代の携帯電話は今のiPhoneのようなカタチから大きく変わります。またこれらの携帯端末は放射線科よりもむしろ病院全体のコミュニケーションケーションの方法を大きく変えることになるでしょう。
 自画自賛ではありますが、大変斬新な内容となっております。ランチョンセミナーから溢れてしまった方をはじめ、日医放に参加される先生もこの講座への参加は可能なので、是非お越し下さい。

このページの先頭へ戻る