【この演題がすごい!】JRC2012 注目の演題:堤 真一先生(大阪市立大学放射線科)
【この演題がすごい!】コーナーでは、先生方が注目するJRC2012(JRS/JSRT/JSMP)のセッションや口演等についてご紹介します

Share (facebook)

堤 真一先生(大阪市立大学放射線科)が注目する、JRS(第71回日本医学放射線学会総会)でのセッションはこちらです!

【4月12日】
・一般口演10「治療1:食道」
 4月12日 15:10~16:10 場所:313+314
  『54 食道癌に対する根治化学放射線療法における照射野設定と初回再発部位の前向き試験:途中経過』 山下 英臣
  ○食道がんの予防リンパ節照射を省略できるかどうか、興味深いテーマです。

・一般口演11「治療2:乳腺・子宮」
 4月12日 16:15~17:25 場所:313+314
  『65 子宮頸癌症例における骨盤内腫大リンパ節に対するブースト照射線量の解析』 若月 優
  ○骨盤腫大リンパ節に対する必要線量について。日常臨床でも参考になりそうです。


【4月13日】
・一般口演29「治療4:定位照射」
 4月13日 10:20~11:10 場所:313+314
  『168 GGO症例に対する定位放射線治療の治療成績(多施設研究) 』 冨永 理人


【4月14日】
・一般口演51「治療6:高精度1」
 4月14日 9:10~10:10 場所:313+314
  『303 MHI-TM2000(Vero)を用いたリアルタイムモニタリング動体追尾照射の初期経験』 松尾 幸憲

・一般口演52「治療7:高精度2」
 4月14日 10:20~11:10 場所:313+314
   『305 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療において局所再発が増えるか?─第1報─ 』 神宮 啓一
  ○IMRTによるデメリットがないか。大事な話だと思います。

・一般口演52「治療7:高精度2」
 4月14日 10:20~11:10 場所:313+314
  『309 CBCTによる治療計画Online planning and deliveryの検討 』 小菅 友裕


【4月15日】
・研修医セミナー3「放射線治療」
 4月15日 9:10~11:10 場所:アネックスホールF205+206
  『1 女性放射線腫瘍医の立場から』 播磨 洋子
  『2 こんなによく効く放射線治療』 大橋 俊夫
  『3 テクノロジーの進歩と放射線治療 最先端と最前線』 鬼丸 力也
  『4 何ものにも隷属しないがん治療を目指して』 植松 稔
  ○研修医向けセミナーは、先生ごとに特色が出ていて面白いです。
    若手の医師や学生にどうやって教えるか、とても参考になります。

・一般口演68「治療9:小線源
 4月15日 10:05~11:05 場所:313+314
  『392 前立腺癌I-125シード治療における局所再発例の特徴』 萬 篤憲

・教育講演31「治療4:化学放射線療法・有害事象」
 4月15日 8:00~9:00 場所:313+314
  『1 化学放射線療法』 伊藤芳紀
  ○放射線治療で扱う癌腫は多種多様で、すべての化学療法を学ぶのは大変です。
    最近の流れをコンパクトにまとめていただけるのかなと期待しています。

  『2 有害事象とその対策』 淡河恵津世
   ○有害事象は侵襲的な治療を行う以上、学んでおくことは必須と思います。

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る