荒井保明氏、国立がん研究センター中央病院長に就任

category:お知らせ
2012.07.09

 国立がん研究センター(東京都中央区、堀田知光理事長)は7月2日、傘下の中央病院の院長人事を始めとした新体制について発表した。中央病院長には、新たに荒井保明氏が就任することが発表された。

荒井 保明
国立がん研究センター中央病院院長/放射線診断科科長

1979年東京慈恵会医科大学卒業
同年国立東京第二病院内科
1984年愛知県がんセンター放射線診断部
1997年同センター放射線診断部部長
2004年国立がんセンター(現・国立がん研究センター)中央病院放射線診断部部長
2010年国立がん研究センター中央病院副院長/放射線診断科科長
2012年より現職

このページの先頭へ戻る