ナナオ、第7回 EIZOメディカルセミナー 2011 開催のお知らせ

2011.08.01

医療現場では2008年度の診療報酬改訂後、フィルムレス化が急速に進み、その成果の検証と課題の整理が現在急務であると(株)ナナオは考えている。そこで、フィルムレス化を既に実施した施設の「フィルムレス環境構築の成果と課題」に焦点を当てたメディカルセミナーを開催する。

医療業界各方面の著名な先生方から、実際の運用状況と顕在化した課題をご紹介頂く。モニタ専業メーカーである同社からは、モニターに関わる最新技術と今後の展望について説明する。最後に希望者の方を対象に、モニタ品質管理について解説と実践を交えながらワークショップを行う。

会 期:2011年9月3日(土)

会 場:愛知県 名古屋市 ミッドランドホール

対 象:読影担当医師、診療放射線技師、病院情報システム管理者

定 員:100名 (内ワークショップ定員60名)

参加費:無料

プログラム

10:00 受付開始
10:30~11:35 セッション I フィルムレス環境構築を支える技術
座長:豊橋市民病院 医療情報課 原瀬正敏 先生 

・ディスプレイの業界動向と最新技術トレンド ~大型から携帯端末まで~
(株)ナナオ 取締役 前田 一哉氏

・液晶モニタの変遷と求められる基本性能 ~節電機能も含めて~
(株)ナナオ 企画部 課長 森脇 浩史氏

11:50~12:30 ランチョンセミナー
座長:名古屋第二赤十字病院放射線部 新美 孝永 先生 

・フィルムレス環境の現状と今後の展望
名古屋大学 医学部保健学科 島本 佳寿広 先生

12:50~14:30 セッション II フィルムレス環境構築の成果と課題
座長:名古屋大学 医学部保健学科 島本佳寿広 先生
・東日本大震災を経験して ~情報システム管理者の視点~
石巻赤十字病院 情報システム課 千葉 美洋 先生 

・医師に信頼されるフィルムレス環境の構築をめざして
名古屋第二赤十字病院 放射線部 新美 孝永 先生
・フィルムレス環境構築の成果、そして次なる課題 ~地域画像連携の問題~
豊橋市民病院 医療情報課 原瀬 正敏 先生

14:40~15:30 Q&Aパネルディスカッション
座長:豊橋市民病院医療情報課 原瀬 正敏 先生 

・フィルムレス環境が内包する課題にどう対応するのか
~モニタなど画像表示機器関連を中心に~

パネリスト
名古屋大学 医学部保健学科 島本 佳寿広 先生
名古屋第二赤十字病院 放射線部 新美 孝永 先生
石巻赤十字病院 情報システム課 千葉 美洋 先生
株)ナナオ 前田氏、橋本氏、森脇氏

15:45~17:00 ワークショップ  希望者先着60名

・医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン ~2010年版~
(株)ナナオ 品質保証部 係長 橋本 憲幸氏

・モニタ品質管理の実践
グループに分かれて、モニタやセンサーを使用しキャリブレーションや試験など
品質管理作業を実際に行う

製品展示

超高解像度8メガピクセル対応の医用画像表示モニターやLEDバックライトの電子カルテ画像表示モニターなど、最新製品を多数展示する。

お申し込み(下記URLの「お申し込みフォーム」よりお申し込みください。)
http://www.radiforce.com/jp/seminar/seminar11.html
席に限りがあるので先着順で受付する。セミナーは100名、ワークショップは60名の定員に達し次第、受付を終了。

お問い合わせ
(株)ナナオ 名古屋営業所
TEL:052-232-7701
受付時間:月~金 10:00~17:00 (祝祭日および弊社休日を除く)
URL:http://www.eizo.co.jp/

このページの先頭へ戻る