中枢神経系領域におけるMRIに関する新しい撮像技術、撮影方法、解析手法

category:要旨
2018.08.31

中枢神経系領域におけるMRIに関する新しい撮像技術、撮影方法、解析手法

京都大学医学部附属病院放射線診断科 伏見育崇

 本稿では、中枢神経系領域の画像において、近年導入されてきた圧縮センシングという撮影時間短縮のアルゴ
リズムを用いた撮影方法、画像再構成方法を紹介する。また、定量的磁化率マッピングに関連して、比較的以前に
導入された磁化率強調画像を用いた新しい画像解析方法についても言及する。

 Compressed sensing (CS) MRI has been introduced to clinical practices of neuroradiology. CS-MRI may
effectively reduce scan time with keeping image quality. Susceptibility weighted imaging (SWI) has been
well used in clinical practices, and by using raw phase of SWI, quantitative susceptibility mapping can
differentiate paramagnetic substances from diamagnetic brain structures.

RadFan2018年9月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る