BRTOによる肝脾硬度の変化

category:要旨
2018.05.07

BRTOによる肝脾硬度の変化

東京医科大学臨床医学系消化器内科学分野
古市好宏、吉益 悠、笠井美孝、竹内啓人、杉本勝俊、糸井隆夫

 BRTO後の肝・脾硬度への影響を超音波エラストグラフィーにて前向きに明らかにした。肝硬度は術翌日に有意
に上昇し、脾硬度は観察期間中(術後180日まで)に有意な変化を認めなかった。門脈血流量は術翌日から上昇し続
けた。BRTOによる門脈血流量上昇の結果、類洞内うっ血が生じ、肝硬度が一時的に上昇したのではないかと思わ
れた。

 The purpose of this study is to clarify prospectively the effect of BRTO to liver and spleen stiffness by
ultrasound elastography. Liver stiffness significantly increased on the next day after BRTO, but spleen
stiffness did not change. Portal flow volume significantly increased until 6 month after BRTO. The rise of
liver stiffness might be induced by the congestion in the hepatic sinusoid, which might be defined by the
inflammatory reaction and cell density.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る