負荷心筋血流MRIの最新動向

category:要旨
Share (facebook)

負荷心筋血流MRIの最新動向

三重大学医学部附属病院放射線診断科 石田正樹

 負荷心筋血流MRIは心筋虚血の正確な診断法で予後評価にも有用である。近年、薬剤負荷の効果判定に脾臓の造影効果が利用されている。また、負荷心筋血流MRIは冠動脈疾患治療方針決定においてFFRと同等の有用性が示唆されている。圧縮センシングによる画質向上や客観性・再現性の高い心筋血流定量解析は今後普及が期待される。

RadFan2018年2月号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る