肝腫瘍診断における造影Smart sensor 3Dの臨床応用

category:要旨
2017.11.24

肝腫瘍診断における造影Smart sensor 3Dの臨床応用

1)旭川医科大学病態代謝内科学分野
2)東芝メディカルシステムズ
麻生和信1)、 岡田充巧1)、 玉木陽穂1)、 太田 雄1)、 大竹 晋1)
鈴木裕子1)、 岩本英孝1)、 高橋賢治1)、 山北圭介1)、 北野陽平1)
和田佳緒利1)、 石田 歩2)、嶺 喜隆2)

 肝腫瘍診断における造影Smart Sensor 3Dの有用性について検討した。
造影Smart Sensor 3DはAmplitude modulationを用いたMPR像の作成が
可能であり、その診断精度は造影3Dメカニカルプローブ法と同等であることが示唆された。

RadFan2017年12月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る