Reasonableな放射線防御法を導入して: 慈恵医大におけるラドネックの使用経験

category:要旨
2011.06.29

東京慈恵会医科大学 外科学講座血管外科教授
大木隆生

要旨

近年急速に普及している血管内治療の症例数増加と、高度で複雑な治療の増加に伴い放射線透視下での医療行為が長くなっている。医療被曝低減を実現し、同時に医療従事者の不快感を払拭することが可能となった「ラドネック」の使用経験を紹介する。

このページの先頭へ戻る