Who 誰が読影をするか? 一次読影、二次読影、 遠隔診断について

category:要旨
2016.06.29

Who 誰が読影をするか?
一次読影、二次読影、遠隔診断について

*1大腸肛門病センター高野病院消化器内科、 *2同 放射線科、 *3同 消化器外科
野崎良一*1、 松本徹也*2、 有馬浩美*2
前崎孝之*2、 伊牟田秀隆*2、 山田一隆*3

 「大腸CTを誰が読影する?」は大腸CTの診断精度に関わる重要なテーマである。読影を実施する医師および診
療放射線技師は標準的読影トレーニングを積まなければならない。読影は3次元画像(内視鏡類似像が主体)から
始めるprimary 3D readingが推奨される。臨床の現場においては、一次読影を診療放射線技師が3次元画像処
理と併行しながら実施する。二次読影は一次読影の結果を参考にしながら医師(放射線科医もしくは消化器科医)
が実施する。遠隔読影は大腸CT検査の普及に多大な貢献をなす有用な読影手段である。その円滑な運用のため
に診療放射線技師の果たす役割は大きい。

 Who interprets the CT colonography (CTC)? This is a very important question regarding the
diagnostic accuracy of CTC. Doctors and radiological technologists that interpret CTC must get
standard specialized training to be able to do so. The radiogram can pick up lesions (polyps or tumor
candidates) from three-dimensional (3D) images received from procedures such as a virtual
colonoscopy. Radiological technologists initially interpret CTC from a primary reading that involves
reconstructing the 3D images from raw CT data. Doctors (radiologists or gastroenterologists) then
conduct a secondary reading to further analyze the lesion. Teleradiology is also a useful scanning tool
that contributes to the dissemination of CTC. Radiological technologists play an important role in
performing teleradiology-based CTC analysis.

RadFan2016年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る