学術レベル向上と国際化へ

category:要旨
2016.06.01

学術レベル向上と国際化へ

岐阜医療科学大学 西出裕子

実行委員会報告では、会員3,994名、学生711名、Web参加62名の計4,767名の参加があり、約15%が
学生ということで、白い紐のネームカードを下げたフレッシュな姿が目立った。今年の特徴は、演題発表の
スライドが全て英語化されたことと、英語による発表が34%だったこと。JSRTの国際化に向けて一歩前進
した。ただ1日目に熊本で震災が発生し、途中で帰られた方、参加できなかった方がおり、被災された方に
はこの場をお借りしてお見舞い申し上げます。

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る