JRS2016参加報告

category:要旨
2016.06.01

JRS2016参加報告

名古屋大学大学院 岩野信吾

第75回という記念すべき日本医学放射線学会にふさわしく研究と教育のバランスのとれた素晴らしい大会
であったと思う。放射線科専門医制度の変更に対応すべく、教育講演に新しい試みが導入されていた。ま
た例年にもまして海外講演が数多く企画されており、学会の国際化という今後の方針に弾みがついたよう
に思う。そして2041年の第100回日本医学放射線学会という遠いようで意外と近い? 放射線科の未来が
示された。

RadFan2016年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る