Shear Wave Elastography は何をもたらすのか ~フィリップス エレクトロニクス ジャパン 超音波診断装置の肝エラストの使用経験より~

category:要旨
2015.12.07

Shear Wave Elastographyは何をもたらすのか~フィリップス エレクトロニクス ジャパン 超音波診断装置の肝エラストの使用経験より~

藤田保健衛生大学医学部肝胆膵内科
西川 徹、吉岡健太郎、橋本千樹、川部直人

 慢性肝障害患者における治療の選択には肝線維化をはじめとした肝障害ステージを把握し行われている。現在、
肝障害ステージを確認するには肝生検が重要であるが、肝生検にはリスクが多い。このため簡便かつ信頼性の高
い線維化診断が可能な検査として超音波による肝硬度測定が注目され、肝硬度測定においてARFIによる評価は
重要な検査となりつつある。

The assessment of liver fibrosis stage is important to estimate prognosis and to identify the patients requiring antiviral treatment in chronic liver disorder.
Liver biopsy is a gold standard for assessing fibrosis,but is invasive.
Thus method for noninvasively assessing fibrosis have been developed.
Liver stiffness measurement by acoustic radiation force impulse (ARFI) correlate with fibrosis stage.

2015年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る