ISMRM2015参加レポート

category:要旨
2015.08.28

ISMRM2015参加レポート

東京大学医学部附属病院放射線部
鈴木雄一

新しい技術や解析の発表というよりは、数年前から報告され始めてきた撮像法や解析法の技術改善や臨床応用の報告が多くなってきたという印象を受けた。一方、発表形式や情報発信の新しい形式が試みられ、前回とは違うISMRMも感じることができた。機器展示会場では、今後臨床で使用可能になるであろう、様々な技術を見ることができた。演題数は約6,000演題と昨年より約1割増え、参加者も約4,600人と盛況な大会であったと感じた。

RadFan2015年9月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る