我が血管内治療を支える AZE VirtualPlace

category:要旨
2011.05.31

川崎医科大学 放射線医学教室(画像診断1)
川崎医療短期大学 放射線技術科
渡部 茂

要旨

より低侵襲な手術を行うためには術前の画像診断が肝要であり、3D画像は解剖を直感的に把握できるため有用である。特に術者自身が3D作成することで、無駄のない画像作成を行うことができる。その実例をいくつか紹介する。

このページの先頭へ戻る